世界ランク9位の錦織圭【写真:Getty Images】

写真拡大

ジュネーブOPで“援軍”、チャンコーチから赤土の助言「有効なアドバイスくれている」

 男子テニスシングルス世界ランク9位の錦織圭(日清食品)が、緊急参戦となった21日開幕のジュネーブ・オープンで今季初タイトルへ執念を見せている。「優勝できればいい」と意気込みを語った日本のエースは、全仏オープンと同じクレーコートでの進化に向け、コーチのマイケル・チャン氏から対策を受けていると明かした。ATPワールドツアー公式サイトが特集している。

 今季、錦織は右手首の故障に苦しんできた。4月のバルセロナ・オープンは欠場。そして、マドリード・オープンでも再発し、準々決勝の同2位ノバク・ジョコビッチ(セルビア)戦を棄権。BNLイタリア国際ではコンディションの良さを見せたが、3回戦のフアンマルティン・デルポトロ(アルゼンチン)戦で敗れてしまった。

 イタリア国際後、全仏オープンに直行予定だった錦織。しかし、グランドスラム前に試合数をこなすためにジュネーブ・オープンへの参戦を決めた。

「ここで何試合かできることが嬉しい。優勝できればいいと思います。今週、いいプレーを見せて、来週に向けて自信を手にすることが大事です」

強敵ワウリンカ参戦も…赤土への自信「クレーは自分のテニスによく合う」

 記事によると、錦織は抱負をこう語ったという。今大会には地元スイス出身の強敵、同3位スタン・ワウリンカも参戦し、今季初タイトルを獲得するためにはご当地のスターを倒す必要がある。

「この大会に優勝したいけれど、スタンや他にもいい選手が何人もいる。難しくなると思う。優勝できなくてもここで好ゲームを何試合か、こなしたい。それで、来週への準備を進めたい」

 殊勝に今季初優勝への決意を明かした錦織。今回のサーフェスも全仏同様にクレーコートとなる。

「クレーは自分のテニスによく合う。僕は色々な違うショットを繰り出せる。ジュニアの時も本当にクレーが好きだったけれど、プロになってからはトップレベルの選手とクレーで戦うことがどんなにタフなことか、わかるようになった。クレーでのプレーにより自信を感じている。自分のスタイルならクレーでいいプレーを出せる。このサーフェスで本当に戦いたい」

参謀チャンコーチらがサポート「クレーでのプレーを手助けしてくれている」

 ジュニア時代と異なり、「赤土の帝王」と呼ばれるラファエル・ナダル(スペイン)らスペシャリストの君臨するクレーコートで戦う難しさを痛感しながら、近年では苦手意識は自信に変わっているようだ。

 また、記事によると故障明けの錦織には参謀が付いているという。コーチのマイケル・チャン氏とダンテ・ボッティーニ氏だ。

「(チャンは)クレーコートでの多くの有効なアドバイスを僕に与えてくれている。マイケルとダンテはクレーでのプレーを手助けしてくれている。間違いなく向上している。毎年、いい結果を出している」

 このように信頼を語ったという錦織。チャンコーチの助言によって、今季初優勝で全仏オープンへの足がかりとできるだろうか。