<全米オープン 事前情報◇22日◇エリンヒルズ>
海外男子メジャー「全米オープン」の最終予選会は、まさに息詰まる熱戦だった。
やったぜ地元V!優作が喜びのカチャーシーを披露!
出場権3枠をめぐり、トータル7アンダーで並んだ6人(宮里優作、今平周吾、チャン・キム、小林伸太郎、イム・ソンジェ、アダム・ブランド)により争われた、18番パー4を繰り返し使ったサドンデスプレーオフ。1ホール目で今平とキムが早々に抜け出し、3ホール目でブランドが、4ホール目で小林が脱落。残る1枠は宮里、ソンジェの2人に絞られた。
ここまで誰もバーディパットを決められない。18番は405ヤードと、プロにとってはさほど距離のあるパー4ではないが、グリーン右サイドに池があり、しかもピン位置は右7ヤード。なかなかデッドに狙っていけない上に、カップは傾斜に切られているため、その難易度は高い。
宮里、ソンジェは5ホール目、6ホール目とともにパー。時刻は18時半過ぎ。夕闇が迫っている。競技委員がこのまま続けられるか、二人に確認。いきましょう、と判断して7ホール目もともにパー。日没を考えるとこれが最後だろうと思われた8ホール目。宮里がピンまで残り154ヤードの第2打をピン奥4メートル半につけた。ソンジェは寄せて、お先のパー。それを見届けた後、「もう暗くて、よくラインも見えなかったけど」見事バーディパットをカップに沈めてガッツボーズ。昨年に続いて全米オープン行きを決めた。時刻は19:07だった。
この日、第1ラウンドはアウト6時半のトップスタート。安定したゴルフで第1ラウンド、6バーディ・ノーボギー。前日までアップダウンの激しい城陽カントリー倶楽部(京都府)で「関西オープン」を戦い抜いた後だっただけに疲れが心配されたが、
「昨日までのことを考えると、割とフラットなコースだったからラクに回れた。でも第2ラウンドになると疲れがドッと出て……」9番のバーディ以外はパーばかりで、2ラウンドトータル7アンダーフィニッシュ。出場権獲得圏内に思われたが、
「7アンダーはきついなぁ……」と本人の読み通り、第2ラウンドになるとほかの選手がスコアを伸ばし、プレーオフを強いられた。その1ホール目、ティショットを右の池に打ち込んでのボギー。
「あー、もう終わったと思ったんですが」。しかし、今平、キム以外の全選手がボギーを叩く展開に、「おかげさまで。せっかくもらったチャンスだし、なんとか頑張ってみようと。(時間的に)最後はさすがに明日に持ち越すことも脳裏をよぎりましたけど、終わってホッとしました。今日1日で44ホール? もう2度とやりたくありません(笑)」。
宮里にして、一生忘れられないな、これは、というほどの死闘を制したわけだが、あくまでも全米オープンに向けてスタートラインに立ったにすぎない。
「そう、去年、悔しい思いや苦しい思いをさせられた分、去年よりいい戦いをしたい。特に最近いいゴルフができているだけに、それをぶつけてきたいと思います」
とはいえ、今は、ゆっくりと休ませてあげたい。お疲れ様。おめでとう。
文/伊藤昇市
【選考会の結果】
1位:小平智(-11)
2位T:今平周吾(-7)
2位T:C・キム(-7)
2位T:宮里優作(-7)
― 以上4人が出場権獲得 ―
2位T:イム・ソンジェ(-7)
2位T:小林伸太郎(-7)
2位T:アダム・ブランド(-7)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

「大人になった(笑)」宮里優作が故郷に錦!家族全員で見守った地元メジャーV
小平智が全米オープン予選会を首位突破!「憧れの舞台だった」
“上手さ”だけじゃない、宮里優作の見せた“強さ”【ツアーの深層】
【WITB】宮里優作セットでアマが真似して良い点、悪い点 
ギア選びはボールから、がツアーの新常識 宮里優作のボール選び