マーベル映画最新作『LOGAN/ローガン』(6月1日日本公開)で“最後”のウルヴァリンを演じるヒュー・ジャックマンが、5月22日(月)15時頃、成田空港に到着した。

大ヒットシリーズ『X-MEN』において最高の人気を誇る“ウルヴァリン”ことローガンは、2000年代以降のアメコミ映画の隆盛を牽引してきた孤高のヒーロー。このシリーズで国際的なスーパースターとして揺るぎない地位を築いたヒュー・ジャックマンにとっては、ハリウッドでの成功をたぐり寄せた最も思い入れの深いキャラクターだ。そんなキャラクターを17年に渡り演じてきたジャックマンが、ついにウルヴァリンを卒業。全身全霊で演じたウルヴァリンとしては最後の来日となる。

ヒューを出迎えようと、到着ロビーには400人以上のファンが駆けつけた。そして遂に15時20分、ファンの前に姿を現すと「ヒュー!」「I LOVE YOU!」という悲鳴にも似た大きな歓声が沸き、一瞬にしてその場はとてつもない熱気に包まれた。彼の登場に感極まり、感嘆の声をもらすファンも多くいた。ヒューは、「私は日本に来られてとても嬉しいです。ありがとうございます!」と流ちょうな日本語でコメント。親日家としての一面も見せてくれた瞬間だ。その後、集まったファンに丁寧に握手やサイン、記念撮影に応じる彼の姿は、彼が愛されている理由でもある優しい人柄が溢れ出る光景となった。

ヒュー・ジャックマンは5月24日/25日に実施が予定されている大規模なレッドカーペットイベントや記者会見へ登壇する予定だ。

■『LOGAN/ローガン』
2017年6月1日(木) 全国ロードショー
20世紀フォックス映画配給
(C)2017Twentieth Century Fox Film Corporation

『LOGAN/ローガン』PRのため来日したヒュー・ジャックマン (C)2017Twentieth Century Fox Film Corporation