出典:Nosh

アナタの彼はマメにLINEの返信をくれますか?

女子と比較すると、男子はマメな連絡が苦手な人って多いですよね。単純にお仕事が忙しいからって理由もあると思いますが、女子からのLINEの内容によっては、返信に困ってスルーしてしまうコトも多いようです。

彼に既読スルーされると悲しいですよね……。でもひょっとしたらアナタが送ったLINEのせいかも!?

そんなワケで、男子たちに“返信に困る女子からのLINE”をヒアリングしてみました。

 

■確かめLINE

「“私のコト本当に好き?”とか、“愛してるって言って!”とかラブを確かめるようなLINEは正直萎える。LINEでそんなコト言って何の意味があるの?ただでさえ、男は照れ屋なのに拷問だ〜!」(29歳/広告代理店)

愛されているか確かめるためのLINEを面倒に思う男子が多いようです。でも、普段から愛情表現が上手な男子ってなかなかいないですし、女子的にはLINEでくらいラブが欲しいと思うのはごもっともですよね。

 

■構ってLINE

「返信してないのに次のメッセージがきたり、ど〜でもいいコトをいちいち送ってきたり、いわゆる“構ってちゃんLINE”は正直めんどくさい!よっぽど暇な時ならいいけど、暇な時は彼女と会っているわけだし、仕事とか友達付き合いとか彼女と過ごす以外の時間帯はほっといてほしい。」(32歳/外資系証券)

メッセージ連投や、どうでもいい内容の、構ってちゃん系LINEを嫌がる声も多かったです。いつでもラブ優先の女子と、仕事や友達付き合いを大事にしたい男子の、本質的な違いが浮き彫りとなりました。

 

■スタンプLINE

「補足ではなくスタンプだけで、気持ちを伝えてこようとする感じのLINE苦手です。スタンプに文字が入っているならともかく、スタンプのキャラクターの表情から気持ちを読み取って的なヤツ。はっきり言ってウザい(笑)。スタンプだけのLINEには返信しませんね〜。」(28歳/公務員)

最近はスタンプ好きの男子も多いと感じますが、スタンプ嫌いの男子もまだ多いようです。ですが悪魔で補足としての使用は問題ないようです。女子的には言いづらいコトは絶妙なスタンプで伝えたいところですが、男子的にはなかなかそうもいかないようで残念ですね(泣)。

 

■問い詰めLINE

「LINEで問い詰められると辛い(涙)。話し合いたいコトがあるなら、会って話すかせめて電話にしてほしい。特に、LINEの返信ができない時に“なんで返信くれないの?”とか“今どこで何してるの?”とかマジで怖い。LINEって便利だけど、既読とかついちゃうし、迂闊に扱えないよね。」(31歳/テレビ局員)

これも、男女差ですよね〜。彼のLINEの返信が遅いと気になるし、どこで何をしているのか知りたい女子に対して、送れる時には送っているんだから、色々突っ込まれても面倒と思う男子。あるあるですよね〜。

彼氏だったら難しいかもですけど、気になるくらいの男子が相手だったら、心を鬼にしてしばらくLINEしないのも有効です。

 

男子は常に“追いかけたい生き物”です。大昔から狩猟の本能がある男子たちは、逃げる獲物を追う習性があると言われています。

時には、尻尾を振って寄って行かずに、さも彼のコトを忘れたかのように、プイッとそっぽを向いて行動してみるのもアリだと思いますよ!

【関連記事】

※ 勘弁してくれよ…男が実はドン引きしている彼女の「重い」言動

※ 経験ない?「友達の彼氏に恋しちゃう…」危険な心理

※ 思わずムラムラっ♡男子が興奮する女子の意外なパーツ

※ ドキドキしちゃう…女子がつい釘付けになる「フェチパーツ」3つ

※ 待ち合わせはラブホ前!? 「超絶イケメンとの初デート」でドン引き経験

※ エロメンに聞く!男が大喜びする「エッチ中の行動」3つ