【詳細】他の写真はこちら

英国軍用バギーとして、カリブ海バケーションの象徴として、かつて愛された個性派マシン。

ニューヨークに拠点を置くMoke Americaは、「ミニ」ベースの多目的バギー『ミニ・モーク』(Mini Moke)の流れを汲む、シンプルでレトロな外観が特長的な『Moke』の2017年モデルを販売しています。価格は電動モデルの『e-Moke』が1万5950ドル(約180万円)、エンジンモデルの『Gas Moke』が2万4000ドル(約270万円)。

冒険心をくすぐるデザイン





4人乗りのバギーとなる『Moke』。車体には14インチホイールや防水シート、シートベルト、ロールバーを搭載しています。車両サイズは全長約320cm、車幅約170cm、車高150cm、車重は1050kgです。

のんびり走行にちょうどいいスペック





ちなみに『e-Moke』では2タイプのバッテリーが選択可能です。「ゲルバッテリー」なら最大走行距離が約64kmで、最高速度が時速約40km。バッテリーの充電にかかる時間は、家庭用の110ボルト(アメリカ仕様)電源プラグに接続することで、8時間から10時間とのこと。一方、「リチウムイオンバッテリー」では最高速度こそ同じですが、最大走行距離はおよそ約140km以上にもなります。満充電までに掛かる時間は6時間から8時間だそう。

カラフルなカラーリングも魅力





車体のカラーはブラック、ホワイト、ブルー、レッド、オレンジ、ピンク、グリーンの7色。また、ルーフの色もホワイト、ブラック、タン、ブルーから選択可能です。さらにオプションでプレミアムステレオ(500ドル)を追加することも。ちなみに公式サイト上の記述では米国のみの販売とありますが、配送先として日本も選択可能でした。ひょっとすると海外配送にも対応するのかな? アメリカ国内では2017年5月から出荷が開始されるとのことですよ。

文/塚本直樹

関連サイト



『Moke』製品ページ

関連記事



【VR動画あり】荒野を爆走!身軽でパワフルなバギーシリーズ『MAVERICK X3』

乳母車を卒業したら、子供用の手押し一輪バギー『unirider』デビュー!

「浜辺の帝王!」な水陸両用バギーが日本に上陸しますよ