22日、中国の山東省と海南省で3月に日本人男性6人が中国当局に拘束されたと伝えられた問題で、中国外交部は定例記者会見で拘束の事実を認めた。写真は中国の公安。

写真拡大

2017年5月22日、中国の山東省と海南省で3月に日本人男性6人が中国当局に拘束されたと伝えられた問題で、中国外交部は定例記者会見で拘束の事実を認めた。環球時報(電子版)が伝えた。

同部の華春瑩(ホア・チュンイン)報道官は会見で「中国の関係部門が法に基づき、日本人6人が中国で違法な活動に関わったことが確認されたと認識している。中日領事協定に即し、日本の在中国公館に連絡済みだ」と述べた。

日本メディアによると、拘束されたのは20〜60代の男性6人。中国当局に「スパイ活動に関与し、中国の国家の安全を脅かした」と指摘されたという。(翻訳・編集/大宮)