「囲碁AI「AlphaGo」が帰ってきた──世界最強の棋士と“最終決戦”、棋士5人とも同時に対局」の写真・リンク付きの記事はこちら

2016年の3月、グーグルによる人工知能(AI)のDeepMindが、歴史的な勝利を収めた。DeepMindの囲碁AI「AlphaGo」が、囲碁韓国チャンピオンのイ・セドルを5番勝負で打ち負かしたのだ。しかし、ボードゲームで最も複雑とされる囲碁で世界最高レヴェルのプレイヤーを4対1で打ち負かしただけでは、DeepMindの人々は満足できなかったようだ。

彼らはいまや、AlphaGoを複数の棋士と同時に対局させようとしている。DeepMindは2017年5月23日から中国・浙江省で開かれる“フューチャーGOサミット”(Future of Go Summit)で、AIがさまざまな状況で能力を発揮できることを証明しようというのだ。このサミットで、AlphaGoは、3つのチャレンジをする。

INFORMATION

AIと人類、世紀の決戦のドキュメンタリー──「黒37手と白78手」

2016年3月8〜15日にかけて争われた、グーグルの「AlphaGo」と囲碁韓国チャンピオン、イ・セドルの戦い。その対局で一体何が起こり、これから人類はどこに向かうのか。『WIRED』US版が密着取材を試みた。

まず、「ペア碁」と呼ばれるチャレンジでは、人間の棋士と直に向かい合うのではなく、AlphaGoと中国のプロ棋士がタッグを組む。そして同じように組まれたAIと棋士のチームと対戦を行う。どちらも型破りな一手を繰り出してくるだろう。

次のチャレンジは集団で行われる。5人の棋士がチームを組み、AlphaGoを迎え撃つ。「中国トッププロを含む5人のチームとAlphaGoの試合は、彼らの複合的な打ち筋に対してAIの創意工夫と適応可能性を試すものです」と、DeepMindの公式ブログでは説明されている。

加えて、世界最強のプロ棋士といわれる柯潔(カ・ケツ)とAlphaGoの対戦も予定されている。この戦いは23日から27日に予定されており、柯はAlphaGoと3番勝負を行う[編註:柯潔の対局は23日、25日、27日と発表されている]。

柯はイ・セドルよりも、うまくやれると思っている。昨年の戦いでは、イ・セドルは3連敗を喫して敗北が確定し、最終戦も落とすことになった。しかし柯は、この試合が始まる前にイ・セドルが5連勝を飾るだろうと予想していたのだ。

柯はかなりの自信をもって、AlphaGoとの戦いに臨むだろう。イが敗北したあと、柯は「AlphaGoがイ・セドルに勝ったとしても、自分を倒すことは難しいだろう」と語っていた。AlphaGoがテストとして運用したオンライン対局で、柯はすでにAlphaGoと相対している。

サミットでのAlphaGoとの邂逅について、思い思いの期待を語る中国プロ棋士たち。

AlphaGoがイ・セドルに完全勝利を収めるまで、3000年の歴史を誇る囲碁というゲームは、人工知能の世界では最も難しい課題のひとつと考えられてきた。囲碁でAIが人間に勝利する試みは「グランドチャレンジ」のひとつとされ、フェイスブックも挑んでいた。

AlphaGoのシステムは、人間の脳が学習する仕組みを模倣しようとしている。ニューラルネットワークとマシンラーニングを通じてトライ&エラーのプロセスを何度も繰り返し、人間と対戦しているのだ。12層ものニューラルネットワークの一部が次の一手を選択し、他のシステムが試合全体の展開を予想する。こうして未来を予測しながら、AlphaGoは自身の戦略と一手を勝利に向けて調整していく。

サミットでは対局に加えて、DeepMindによるカンファレンスも開催される予定だ。ここでは人工知能の未来に関するパネルディスカッションも行われる。サミットは中国政府と中国囲碁連盟の協力のもと開催される。

RELATED

DeepMindは囲碁で勝ったAIで、いま何をしようとしているのか