チェロキーのDNAは継承しつつリーズナブルな価格がポイント!

写真拡大

FCAジャパン(東京都港区)は、限定車「Jeep Cherokee Limited Special(ジープ・チェロキー・リミテッド・スペシャル)」を2017年5月20日に発売した。

ジープ正規ディーラーで50台

ジープ・ブランドの中核モデルである「Jeep Cherokee」は、日本で輸入車の普及が本格的に始まった1980年代後半に絶大な人気を誇ったという。タフさを感じさせながらも都会に溶け込むスタイリッシュな外観と、卓越した走破性を特長としている。

チェロキーならではのDNAは継承しながらも、30万円価格(税別)を抑えて購入しやすくした。エクステリアは被視認性をアップしながらスタイリッシュな外観を演出する「デイタイム・ランニング・ライト」を新たに装備。さらに、プレミアムフロアマットを標準装備とした。

全国のジープ正規ディーラーで50台(ブライトホワイト:20台、ダイアモンドブラッククリスタル:28台、ディープチェリーレッドクリスタル:2台)限定で取り扱う。

価格は467万1000円(同)。