エリートを倒すにはどうすればいい?

写真拡大

プロ野球球団の千葉ロッテマリーンズで活躍し、WBC日本代表にも選ばれた、元プロ野球選手、里崎智也によるビジネス本が「エリートの倒し方:天才じゃなくても世界一になれた僕の思考術50」(飛鳥新社)です。

来歴から語る

本書は、無名選手としてキャリアをスタートさせ、その後、WBCで世界王者となり、世界一のキャチャーまでのぼりつめた筆者が語る実践的なビジネス論です。著者はロッテの選手時代は、クライマックスシリーズで3位からのぼりつめて2度の優勝経験もあります。まさに逆境に強い人物であったといえるでしょう。その強みはどこから来たのか。そのメソッドが記されています。

偶然ではない

本書はひとりのプロ野球選手の来歴を追ったものです。そこに至るには、鋭い自己分析と、さらに一流のコーチ陣からきっちりと教えを受けて、それを自分自身のプレイに活かしていった、その過程が描かれています。そこにあったものは圧倒的な努力であるとともに、効率的な練習、ポジティブな思考といったメンタル的な要素もあるでしょう。これらの要素を見てからもわかるとおり、ビジネスにも応用可能なメソッドが多く記されています。エリートではない、ほとんどの人に向けられた本であるため、多くの共感を呼んでいるのでしょう。