坂上忍

写真拡大

21日放送の「ニノさん」(日本テレビ系)で、嵐の二宮和也が衝撃を受けた仕事を語った。

番組では、元内閣総理大臣・橋本龍太郎氏をフィーチャーした「嫌われ者でもピカっと光る! ニノさんのピカレスク人物伝」なる企画を放送した。スタジオトークでは二宮が、ドラマデビュー作の「天城越え」を振り返った。主役の少年役に抜擢された二宮だったが、とあるワンカットを撮影するのに「俺3日掛かったんすよ」「これはね、衝撃でした」と振り返り、共演者の坂上忍らを驚かせた。

二宮にはNGにされる理由はわからなかったそう。監督からは淡々と「違う!はいもう一回。ドン! はい違う、もう一回」とNGをもらい続けたそうで、坂上は「俺ならそこら辺で殺してやろうかな(と思う)」とこぼす。

さらに二宮は自分のせいで撮影が押しているのだから謝りにいけ、と諭され、待機している主演の田中美佐子に「申し訳ないですが今日の撮影明日になります、今日の撮影。すみません」と詫びを入れたそう。

二宮は大きく息をつきながら「アレ、しんどかったなぁ…。しんどかった!」とコメントすると、坂上が「充分苦労してますよ」とねぎらう。二宮はなおも「放棄することも恐怖だし、続けるのも恐怖だし」と回想すると「逃げ場がないもんね」と理解を示す坂上の声に大きくうなずいた。

その話に坂上は、その監督と仕事した経験が今に生きている可能性を語り掛けると、二宮は「めちゃめちゃこわかったですもん」としみじみ振り返っていた。

【関連記事】
坂上忍 撮影所を5年間出入り禁止になった過去を明かす
嵐・二宮和也がジャニー社長を激怒させた過去「なんで人気ないんだよ!!」
柴田英嗣 ファンキー加藤の歌を強要され困惑「ニュースになっちゃうよ!」