@AUTOCAR

写真拡大 (全5枚)

音にこだわるビーツ・エディション 200台発売

FCAジャパンは、ジープ・ブランドのスモールSUV、レネゲードの限定車「ジープ・レネゲード・トレイルホーク・ビーツ・エディション」を、6月10日より200台のみ発売する。

Beats Audioプレミアムサウンド・システムを搭載したトレイルホーク・ビーツ・エディションは、オーディオ・ブランド「Beats by Dr. Dre」とのコラボレーションとして誕生。

サブウーハーを含む合計9基のスピーカーをインパネ、フロントドア、リアドアおよびカーゴエリアに配置することで、大出力506W、8チャンネルのパワーアンプによるサウンドが楽しめる。
 

レネゲードなら外装色にこだわろう 価格も発表

外装色には、レネゲードに似合うカラフルな4色を設定。オマハオレンジとジェットセットブルーは、これまでベース車両のトレイルホークに設定の無かった限定モデル専用のカラーだ。

ボディーカラーと台数の内訳は、下記の通り(内装色は全てブラック)。
コロラドレッド:50台
オマハオレンジ:65台
ジェットセットブルー:メタリック:50台
ソーラーイエロー:35台

また、ビーツ・エディションの購入者全員にBluetoothワイヤレス・スピーカー「Beats Pill+(ビーツ・ピル+)」をプレゼントする。これら装備や特典が付帯されながら、価格はベース車両のトレイルホークと同じ3,456,000円だ。