約2年半ぶりに来日したブラッド・ピット

写真拡大

 俳優のブラッド・ピットが22日、製作・主演を務めた映画『ウォー・マシーン:戦争は話術だ!』の来日記者会見を都内で行い、ときおりジョークを交えて集まった報道陣を沸かせつつ、同作でNetflixと共同製作した意図などを明かした。

 この日ブラッドは、デヴィッド・ミショッド監督、デデ・ガードナー(「プランB」プロデューサー)、ジェレミー・クライナー(「プランB」プロデューサー)と出席。約2年6か月ぶりの来日となったブラッドは、白いパンツにTシャツ、グレーのジャケット姿という軽やかな服装で手を振りながら登場し、「いつも日本ではあたたかく歓迎していただいているのでうれしいです。誇りに思っている作品なので、今日は楽しんでいってください」とあいさつする。

 本作は、ブラッドが代表を務める製作会社「プランB」と、Netflixが共同製作した戦争エンターテインメント。アフガニスタン駐留米軍の司令に任命されたゴリゴリの職業軍人、グレン・マクマホン陸軍大将(ブラッド)を主人公に、現代の戦争における不条理さや人間の狡猾(こっけい)さをユーモアや皮肉を交えて描いている。

 顔芸や人物像など、これまで演じてきたキャラクターと比較してもかなり濃いキャラクター。ブラッドは「彼は自分を偉大な存在だと思い上がっているけど、はたから見たら滑稽でばかばかしいのがポイントなんだ」と説明。その理由を「戦争の滑稽さや愚かしさを表現したいと思って作った映画で、そのためには彼自身の愚かしさを見せたいと思い監督と話し合いながら作ったんだ」と語る。劇中では独特な走り方も見せる彼だが、それは「監督のマネ」と笑いながら振り返りつつ、印象的なショートパンツ姿については「あれは僕のアイデアだよ。みんなもはいて新しい流行にしようよ」と報道陣に投げ掛け、笑いを誘っていた。

 また会話の合間に冗談を挟むなど、ブラッドは終始リラックス。締めのあいさつを求められた際にも、マイクを持って前に出るや、「歌を歌うよ。リクエストは?」とジョークを飛ばして笑わせる場面も。さらに「本当に歌えたら役者はやっていないよ」と付け加えるなど、サービス精神たっぷりに報道陣を楽しませていた。

 一方で、「プランB」の代表として『キック・アス』シリーズや『それでも夜は明ける』『ムーンライト』などを世に送り出してきた製作者としての顔も見せるブラッド。今回Netflixと共同製作したことに、「Netflixと組まなければ、多分この作品は製作できなかったと思う。こういうチャレンジングな作品を製作する事は、現在のスタジオの状況を考えると非常に難しいんだ」と説明していた。(取材・文:中村好伸)

Netflixオリジナル映画『ウォー・マシーン:戦争は話術だ!』は5月26日全世界同時配信