歌手のセリーヌ・ディオンが、現地時間21日にラスベガスで行われたビルボード・ミュージック・アワード2017で「My Heart Will Go On」を熱唱した。

セリーヌは同授賞式で映画『タイタニック』(97)の20周年を記念して、映画のテーマ曲「My Heart Will Go On」を披露。セリーヌは白のゴージャスなドレスで登場し、迫力ある歌声を会場に響かせた。観客はスタンディングオベーションで、司会を務めた女優のヴァネッサ・ハジェンズは涙。人々はツイッターで、「セリーヌ・ディオンのパフォーマンスにまだ泣いている」「涙が止まらない」「最高のパフォーマンスだった」「鳥肌立った」と大絶賛のコメントを残している。

さらに、セリーヌのことをずっと尊敬してきたという女優のリア・ミシェルはバックステージでセリーヌと撮った写真をツイッターに公開。リアは手で涙を拭っていたようであった。

また、今回の授賞式で歌手のドレイクが最多13冠に輝き、アデルの12冠の記録を破っている。

ビルボード・ミュージック・アワード2017でパフォーマンスしたセリーヌ・ディオン (c)Imagecollect.