LINE上手は恋愛上手♡長続きカップルの「連絡のとり方」って?

写真拡大



LINEは、今やカップルにとって欠かせないコミュニケーションツール。そんな普段当たり前に使っているLINEですが、実は長続きするカップルとすぐ別れてしまうカップルでは使い方に差があることを知っていますか?毎日使うLINEだからこそ、上手に使いこなして彼といつまでもラブラブでいたいですよね。そこで今回は、長続きするカップルが心がけているLINEの使い方をご紹介しますね。

■1.あいさつLINEを送り合う

長続きするカップルの多くは、毎朝の「おはよう」や、寝る前の「おやすみ」など毎日あいさつのLINEを送り合うのが日課となっていることが多いよう。あいさつLINEを義務にしているのではなく、どちらからともなく送ることによって自然と連絡を取り合うようになるのです。頻繁に会うことができないカップルでも、1日の中で相手のことを考える時間が定期的にあることで、お互いを欠かせない存在だと認識することができるんですね。あいさつを送り合う習慣がない人は、送りやすいタイミングで送ってみてはいかがでしょうか?

■2.名前を呼び合う

手軽にメッセージを送ることができるLINEでの会話だと、用件だけを送ってしまいがち。ましてや心を許し合っている関係の彼に対しては、なおさら短文で終わらせてしまうことも。しかし、LINEでこそしっかりと彼の名前を呼び、メッセージに愛情をプラスしましょう。あいさつLINEを送る際にも、「おはよう」より「○○くん、おはよう」と名前を呼ばれた方が嬉しいはず。また、いつもと違う呼び方をしてみたり変化をつけると、いつまでも新鮮な関係でいられるでしょう。

■3.ユニークなメッセージを送る

彼と話す話題が毎日あるとは限りませんよね。そんなときはおもしろいスタンプや画像を送ったりして、彼がついつい笑ってしまうようなLINEをしてみましょう。報告よりも「おもしろい内容」の方が、すぐに返したくなるもの。デートのときの写真を加工して送ってみたり、ボイスメッセージを送ってみるというのもいいでしょう。盛り上がらない会話を続けるよりも、一工夫することで、お互いがLINEのやりとりを楽しめることが、長続きの秘訣ですよ。

■4.自分のペースで返信をする

彼からの返信を待てなくて催促のLINEを送ってしまう、もしくは彼からLINEがきたら他のことを後回しにしてすぐ返信しているなら、LINEのペースを考え直してみましょう。

彼女から返信の催促をされたり、返信を急かすようなスピードで返信がきたら、彼はLINEが面倒くさくなってしまうかも。ペースが合わないやりとりをしていると、彼からの返信がさらに遅くなったり、既読スルーや未読スルーするようになってしまうでしょう。LINEのやりとりに依存せず、自分や彼自身に合ったペースでメッセージを送ってみて。お互いが無理のないペースでLINEをすることでやりとりを楽しむことができ、いつまでもラブラブでいられるはずですよ。

■毎日のLINEこそ楽しんで

付き合いが長くなればなるほど、相手を思いやる気持ちや愛情表現が減ってきてしまうもの。しかし、毎日のコミュニケーションツールであるLINEこそ、常に思いやりと愛情表現を心がけましょう。LINEの使い方次第で、彼との将来が開けてくるはずですよ。(yuka/ライター)

(ハウコレ編集部)(新部宏美/モデル)(泉三郎/カメラマン)