“本日カムバック”iKON「再びデビューする気分だ」

写真拡大 (全4枚)

「再びデビューする気分」でグループiKONが戻ってきた。1年の空白期を経てシリーズアルバムを発売し、さらに精力的な活動を予告している。空白期の間、実力を磨き、日本活動を通じてさらに成長した姿で戻ってきたiKONだ。

iKONは22日午前、カムバックを控えてソウル麻浦(マポ) 区合井洞(ハプジョンドン) YG ENTERTAINMENT社屋でOSENに会った。この日行われたインタビューでiKONは、ニューアルバム「NEW KIDS:BEGIN」に対する自信を表した。久しぶりの韓国活動に「再びデビューする気分だ」とし、ときめきを表した。

この日ジナンは「あまりにも久しぶりのカムバックであり、再びデビューするような感じだ。デビューするみたいにすごく緊張している」とカムバックの感想を打ち明けた。

ドンヒョクも「空白期が長かったので、僕たちもすごく待ってきた。アルバムや活動を準備しながら、僕たちもドキドキする気持ちが大きかった。カムバックや新しい姿を披露する時により成熟して、変わって、クオリティの高い姿を披露したくて、グループとしてもたくさん準備した。個人的にはいろんなことを考えた」とし、ニューアルバム制作中の悩みを打ち明けた。

1年ぶりに新曲を発売するiKONは、新しいスタートと新しいスタイルという意味を込めた「NEW KIDS」のコンセプトで今年精力的な活動を披露する。「NEW KIDS:BIGIN」は率直な表現方式とトレンディなリズムが際立つ「BLING BLING」、軽快な雰囲気とセンスあふれるワードプレイが特徴の「B-DAY」の2曲のダブルタイトル曲で構成されている。メンバーたちそれぞれの個性や魅力を盛り込んだ2曲はもちろん、iKONのヒップホップカラーを盛り込んだミュージックビデオも注目に値する。

B.Iは今回もアルバムのプロデュースを手がけ、さまざまな作業に参加した。彼は直接曲を紹介した。B.Iは「『BLING BLING』は1stアルバムだった『リズムに乗って(RHYTHM TA)』のアップグレード版と言える。大砲というか、すごくどっしりとしたビートや、なるべく生のままの歌詞と多くの考えを経ずに出来上がった曲だ。すごく若い人と一緒に作ったので、もっと私たちの年代層にぴったりな感じがある。なるべくトレンディな音楽を作りたくて精魂を込めた」と説明した。

また、愉快な曲「B-DAY」については「楽しい曲だ。特に意味を置かずに楽しくなきゃと思って作った曲だ。意味よりは楽しんでほしいと思う」と話した。タイトルの「B-DAY」は誕生日を意味するBirthdayの略語で、iKONのメンバーたちをミツバチに例えた隠喩的ながらもセンスあふれる表現だ。それぞれのメンバーたちの個性をはっきりと表しやすい構成、そして奇抜な発想や愉快な擬声語が適用された歌詞は新鮮な印象を与え、iKON特有の清涼感を味わうことができる。

グループのリーダーでプロデュースを手掛けたB.Iに対するメンバーたちの信頼も厚い。BOBBYは「振付から音楽的な部分もあるが、B.Iがたくさん気を配るリーダーだ。ディレクティングを受けながら、この人はiKONを本当に愛しているんだなぁと思った」とし、B.Iを高く評価した。

また、ジュネは「前回のアルバムよりディレクティングが厳しかった」とし、BOBBYは「レコーディングしながらたくさん怒られた。チャヌがたくさん怒られた」とし、B.Iを困惑させた。これに対して、ユニョンは「振付を一緒に習ったけれど、直すべき点をカカオトークで書いて送った」とフォローした。

iKONは2015年のデビュー以来、「趣向狙撃」「リズムに乗って」「APOLOGY」など多くのヒット曲を出した。YG所属である点から怪物新人というニックネームも得た。それほど長い空白期を経てカムバックし、プレッシャーもあるはずだが、彼らはそうではなかった。