来日したブラッド・ピット

写真拡大

 米俳優ブラッド・ピットが5月22日、主演しプロデューサーも兼ねたNetflixオリジナル映画「ウォー・マシーン 戦争は話術だ!」の来日会見を都内のホテルで行った。

 アカデミー賞作品賞を獲得した「ムーンライト」などを手掛けた自身の製作会社「Plan B」と配信大手のNetflixが初タッグ。ピットは、「正直、Netflixと組まなかったらこの作品はできなかった。予算が6分の1になる可能性はあったが、それくらいチャレンジングな作品。フィルムメイカーにもチャンスを与えてくれるし、大胆な作品が作れた。結果には本当に満足している」と自信のほどをうかがわせた。

 実在の米陸軍将軍スタンリー・マクリスタルに密着したマイケル・ヘイスティングのルポ「The Operators」が原作。これを、デビッド・ミショッド監督が戦争への風刺を交え大胆に脚色し、ピットも「映画化の権利を取り魅力的な作品だったが、どう映画にしたらいいか分からなかったところ、デビッドが複雑な問題にあらゆる視点を持ち、信じられないくらい素晴らしい脚本にしてくれた。よくヒゲをそるのを忘れるけれど、心の広いとてもいいリーダーだよ」とジョーク交じりに称えた。

 アフガニスタンの駐留米軍を任された、マクリスタルがモデルとなったマクマーン大将を演じたピット。強烈ななまりと歯にきぬ着せぬ言動が特徴で、股の直下まで切れ上がった短パン姿も披露するが、「監督と一緒におおいに笑いながら作り上げていったキャラクター。短パンは僕のアイデアで、あれをここにいる男性の皆さんにもはいてもらって新しいトレンドをつくりましょう」と笑顔で呼びかけた。

 Plan BとNetflixのタッグでは、ポン・ジュノ監督の「オクジャ」が開催中のカンヌ映画祭のコンペに選出されるなど枠にとらわれない映画製作に積極的。今後もテーマやストーリーなどに応じて適材適所でパートナーを決めていく意向で、ピットは「僕が代表的な立場で出ているが、ヘビーリフティングな部分はこの2人がやってくれている。会社が生まれてからずっと一緒だし、誰か1人でも機能しない」と、Plan Bのプロデューサーのデデ・ガードナーとジェレミー・クライナーに絶大な信頼を寄せていた。

 「ウォー・マシーン 戦争は話術だ!」は、5月26日から全世界190カ国で独占配信がスタートする。