ホーシェル、ポイントランキング15位に浮上(撮影:GettyImages)

写真拡大

<FedExカップポイントランキング>
米国男子ツアー「AT&Tバイロン・ネルソン」終了時のFedExカップポイントランキングが発表され、ジェイソン・デイ(オーストラリア)とのプレーオフを制したビリー・ホーシェル(米国)が前週の71位から56ランクアップの15位に浮上した。デイは106位から39位に順位を上げた。
米国男子ツアーの熱戦を特選フォトでプレーバック!
首位はダスティン・ジョンソン(米国)がキープ。松山英樹も変わらず2位、その他トップ10の選手たちには順位の変動はなかった。この大会で予選落ちを喫した石川遼は1ランクダウンの150位に後退した。
【FedExカップポイントランク】
1位:ダスティン・ジョンソン(2,270point)
2位:松山英樹(1,865point)
3位:ジャスティン・トーマス(1,855point)
4位:ジョン・ラーム(1,499point)
5位:パット・ペレス(1,381point)
6位:アダム・ハドウィン(1,229point)
7位:ジョーダン・スピース(1,192point)
8位:リッキー・ファウラー(1,074point)
9位:ブレンダン・スティール(1,062point)
10位:ブライアン・ハーマン(1,047point)
15位:ビリー・ホーシェル(895point)
150位:石川遼(137point)
179位:岩田寛(76point)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

派手な2人の優勝争いが教えてくれたベーシックなこと【舩越園子コラム】
ビリー・ホーシェルがジェイソン・デイとのプレーオフ制しツアー通算4勝目
池田勇太、谷原秀人に全米オープン出場権 松山英樹は世界ランク4位に後退
今平周吾、ツアー初優勝の陰に谷口徹の助言アリ
最新のギア&イベント情報をまとめてチェック!