池田勇太は世界ランク52位で全米OP出場へ(撮影:村上航)

写真拡大

<男子世界ランキング>
最新の男子世界ランキングが更新され、米国男子ツアー「AT&Tバイロンネルソン」で2位に入ったジェイソン・デイ(オーストラリア)が前週日本人歴代最高となる3位に浮上した松山英樹をかわして3位に再浮上を果たした。日本勢は池田勇太が52位、谷原秀人が58位となり60位以内の権利で海外男子メジャー第2戦「全米オープン」出場権を獲得した。
国内男子ツアー「関西オープン」でツアー初優勝を達成した今平周吾は143位に浮上。宮里優作は113位、小平智は117位となっている。
美人すぎるキャディのまぶしいこの笑顔!
【男子世界ランキング】
1位:ダスティン・ジョンソン(12.98pt)
2位:ローリー・マキロイ(8.35pt)
3位:ジェイソン・デイ(8.15pt)
4位:松山英樹(7.73pt)
5位:ヘンリック・ステンソン(7.21pt)
6位:セルヒオ・ガルシア(7.20pt)
7位:ジョーダン・スピース(6.90pt)
8位:アダム・スコット(5.44pt)
9位:ジャスティン・ローズ(5.37pt)
10位:リッキー・ファウラー(5.24pt)
52位:池田勇太(2.52pt)
58位:谷原秀人(2.38pt)
113位:宮里優作(1.39pt)
117位:小平智(1.33pt)
131位:片岡大育(1.21pt)
143位:石川遼(1.12pt)
143位:今平周吾(1.12pt)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【舩越園子コラム】
ツアーで見つけた旬ギアネタ【武藤絶賛の謎のマッスルとは?】