Photo by cinemacafe.net

写真拡大

俳優・吉沢亮の躍進が止まらない。今年だけで人気コミックをドラマ化&映画化した主演作『トモダチゲーム』をはじめ、4本の出演作が公開。さらなる新作やMV出演、ミュージカル初挑戦など、活躍の場を広げる吉沢さんのバネになっているのが、「ある悔しい経験」だ。
2009年に行われた全国オーディションでデビューのきっかけをつかんだ吉沢さん。当時は「正直、俳優業をこんなに続けるとは思わなかった」というが、12年放送の「仮面ライダーフォーゼ」では朔田流星/仮面ライダーメテオ役を演じ、早速人気に火がついた。映画『男子高校生の日常』『カノジョは嘘を愛しすぎてる』と出演作が決まり、順風満帆のブレイク街道を歩み始めた頃に挑んだのが、主演を務めた舞台「ぶっせん」だった。

「(東京の)会場は赤坂ACTシアターだったんですが、とても大きな劇場ですし、なかなか座席が埋まらない日々が続いたんです。お客さんの反応もダイレクトに伝わってくるし、演技の面も含めて、自分の至らなさはずいぶん感じました。もちろん、悔しい思いもありましたし、同時に自分の中で、心に火がついたので、結果的には大切な経験でした。再挑戦? それは願っています。次こそ、チケットを即完売させたいです(笑)!」

吉沢亮/photo:You Ishii
もちろん、現在の活躍ぶりはご承知の通り。昨年には初の主演映画『サマーソング』が公開され、俳優として加速度を増した2017年も映画、ドラマ、舞台でさまざまな表情を見せる。特に主演を務める『トモダチゲーム』では、友だち思いの苦学生だが、ゲームに勝つためには非情な手段も辞さないという二面性をもった主人公・片切友一を演じている。先の読めないスリリングな展開に加えて、劇中で吉沢さんが見せる“ゲス顔”も注目の的だ。

「同世代のキャストが多いこともあって、意外と現場は和気あいあいですけど、やっぱり人間の底知れない怖さや、他人を疑わざるをえない緊張感は、原作や台本を読んで感じますし、実際に演じてみて余計に実感します。その分、演じる楽しさもありますし、この世界観がどんどん広がっていけばと」

同作を含めて、福田雄一監督がメガホンをとる『銀魂』でファン人気の高い腹黒ドS剣術氏・沖田総悟、『斉木楠雄のΨ難』では残念なイケメンの海藤瞬を演じ、“クセがすごい”漫画キャラクターに、リアルな息吹をもたらしている。9月には「百鬼オペラ『羅生門』」も控えており、「経験したことがない表現なので、不安のほうが大きいですけど、自分がどこまでできるか、いまから楽しみですね」と武者震いしている。

吉沢亮/photo:You Ishii
そんな吉沢さんの素顔に迫る2冊目の写真集「One day off」が発売中。ニューヨーク、沖縄、京都、香港をめぐって撮影された、文字通り“オフ”の吉沢さんが堪能できる1冊だ。「もともと、プライベートで遊びに行ったニューヨークで、カメラマンさんを紹介していただき、何気なく撮影を始めたのがきっかけ。その写真がとてもいい出来で、『じゃあ、写真集にしよう』って話になったんです。だから、最初から『写真集出すぞ』ってテンションではなかったし、そういう意味では“素”の自分を楽しんでもらえると思います。休みの日ですか? ここ最近は、家で寝てばっかりです(笑)」

(text:Ryo Uchida/photo:You Ishii)

■関連記事:
二階堂ふみ×吉沢亮、青春漫画の金字塔「リバーズ・エッジ」が映画化決定!
吉沢亮、「トモダチゲーム」実写ドラマ&映画で主演に!
神木隆之介ら“ハンサム”大躍動!感謝&感動の涙も…「HANDSOME FESTIVAL 2016」開催
吉沢亮、高校時代は非リア充! 「裏で陰口言うタイプ(笑)」
吉沢亮らイケメン美坊主、いつでも出家可能!?「ぶっせん」公開舞台稽古