世界初の「公共レンタサイクル+モバイルエネルギー共有システム」が浙江省杭州市に登場する。同市濱江区で2、3カ月以内にテスト運営がスタートする見通しだ。中国新聞社が伝えた。

このスマート公共レンタサイクルは、杭州の「赤い」公共レンタサイクルをベースに、アップグレード版「ミニ・レッドサイクル」と名付けられた。主なエネルギー源として「太陽光」が採用されるため、今後、市内数千カ所にある公共レンタサイクルスタンドには、一体型・分布式の「太陽光発電ステーション」が設置される。

杭州市公共自行車公司の陶雪軍・総経理は、「太陽エネルギーは、太陽光発電ステーションでの採集・貯蔵を経て、ひとつの『棚』に保存される。棚の内部にあるモバイルエネルギーモジュールは全て、自転車に搭載されるバッテリーとなる。『ミニ・レッドサイクル』は、このバッテリーを利用したハイブリッド走行が可能だ。スマホの電池が切れた際は、運転者は搭載バッテリーでスマホを充電することができる」と説明した。

モーターを備えているが、「ミニ・レッドサイクル」は、正真正銘の自転車であることに変わりはない。というのも、「ペダルを踏まないと進まない。踏むとスマート走行モードになる」という方式が採用されているからだ。つまり、運転者がペダルを踏まない限り、スマート装置には動力が行き届かない。ペダルを踏むと、スマートシステムが起動する。

陶総経理は、「『ミニ・レッドサイクル』は、スマート装置が、走行中に運転者が受ける抵抗力とペダルを踏む頻度を感知して、リアルタイムに相応のハイブリッド動力を出す。さらに、サポートする力加減や走行スピードを微調整し、山地走行モードと平地走行モードを自在に切り替えることも可能だ」と話した。

レンタル費用については、1回の利用が1時間以内ならば無料で利用可能。1時間を過ぎると、30分あたり1元(約16円)のレンタル料金がかかる仕組みが暫定的に決まっている。

このスマート公共レンタサイクルは、まず、杭州市濱江区にあるサービススタンド338カ所に5000台が投入される。2、3カ月以内にテスト運営がスタートし、2018年の初めに市内で広く展開される見通しだ。(提供/人民網日本語版・編集KM)