あえてキラキラネームをつけるべき理由

写真拡大

いわゆる「キラキラネーム(読み方が難解すぎたり、個性的すぎたりする人名)」はネット雑談のなかでも大いに盛り上がるテーマのひとつである。「親のエゴだ」「子どもがかわいそう」「個性があっていい」「将来を考えているのか」「親には命名権がある」――いつまでたっても明確な結論は出てこない。一方で、最近、企業名や商品名については「キラキラネーム」でもいいのではないか、と私は思い始めている。

それは読みにくい漢字を使え、ということではなく、唯一無二の言葉をいかに生み出すか、ということである。

■企業名や商品名には唯一無二な名称を

昨年、DeNAのキュレーションメディアが問題視された折、彼らがSEO対策に力を入れ、検索上位に表示されるような技を駆使していたことが話題になった。ツイッターの普及以降、「検索エンジン主導の時代は終わった」などといわれていたが、検索エンジンの重要性はいまでも、それなりに高いといえよう。

先ほど、メルマガがタイミングよく届いたので引き合いに出してしまうが、「インテグレート」という戦略PRの会社がある(名指しをしてしまい申し訳ない)。「インテグレート」の意味は「統合」だが、グーグル検索で圧倒的な上位を占めるのが、資生堂のコスメブランド「インテグレート」である。2ページ目で同社は登場したが、同社以外にも家具やバッグなどを売る「株式会社インテグレート」が登場したり、競走馬の「インテグレート」も存在したりする。さらには、資生堂のインテグレートが行ったキャンペーンや、ニュース記事までもが続々と出てしまうのだ。

「ウチのほうが歴史は長いんだけど……」という同社・山田まさるCOOの苦笑が目に浮かぶようではあるが、ネットで目立ちたいのであれば、1990年代の企業名・商品名の常識から切り替えなくてはいけないかもしれない。それこそ、2009年に桃屋が「辛そうで辛くない少し辛いラー油」という、やたらと説明過多なネーミングの「食べるラー油」を発売し、大ヒットさせている。

そして、現在でもこうした説明過多(ただし、他にない)ネーミングの商品は続々と登場し、ネット時代のひとつの潮流となっている。たとえばセブンイレブンのプライベートブランド(PB)の商品名をいくつか見てみよう。

◆XO醤のうま味と香味油の香り 極上炒飯
◆オーブン焼きでうま味を閉じ込めたハンバーグステーキ デミグラスソース仕立て
◆まるでマンゴーを冷凍したような食感のアイスバー

行き過ぎな感じもあるが、検索において唯一無二の存在になるには、これくらいやらないと仕方がないのかもしれない。

■芸能界に見る「もったいない名前」

こうしたネーミングにおいては、芸能人の芸名やグループ名なども一般的な単語を避けるほうがよい。最近、「ももち」こと芸人・柏崎桃子のブログが好きでよく読んでいるのだが、先日「赤羽はしごツアー」を共にした同じ事務所に所属する芸人の芸名が、ちょっともったいないのである。それはお笑いコンビ「しろサイ(※)」の「西郷」だ。柏崎はブログ中で「西郷どん」と呼んでいる。

※編集註:しろサイは5月7日、メンバーをもう一人加えてトリオとなり、「モッツァレラ気分」に改名することを発表。

「しろサイ」で検索してみると動物の「シロサイ」が出るほか、アニメ『けものフレンズ』の登場人物である「シロサイ」も表示されたりする。「西郷どん」ともなれば、来年のNHK大河ドラマのタイトルだ。画像検索で出てくる顔は西郷隆盛本人と、演じる鈴木亮平の顔だらけである。

「キングコング」や「ダウンタウン」、「ピース」のように一般的な言葉であっても、あそこまで売れてしまえば検索で上位表示されるのだが、そうしたビッグネーム以外のユニット名となると、もったいない名前はいくつもある。【あ行】だけ見てみよう。

◆アイスクリーム
◆アインシュタイン
◆赤と黒
◆遊び屋
◆アップダウン
◆ありがとう
◆あわよくば
◆アンダーエイジ
◆アントニオ

また、柏崎のあだ名である「ももち」の場合、アイドルグループ「カントリーガールズ」のプレイングマネージャーや「Berryz工房」のメンバーとして人気を博し、今年6月に芸能界から引退することを発表している嗣永桃子のあだ名と同じである。「ももち」を検索すると柏崎のブログは出るものの、嗣永に関するページのほうが多数上位に表示される。こうした“「ももち」かぶり”について、ハロヲタの男性はこう語る。​

「同じあだ名だけど、まったくキャラがかぶってないから、オレらは柏崎のことは相手にしていないですね。なかには怒っている人もいるけど……。まぁ、前からそのあだ名がある人と同じあだ名なんて、普通はつけないものですよね。呆れるというか意識低いというか、それはダメ過ぎるだろってことで、ハロヲタは相手にしていないと思います」

■獲得できたかもしれない顧客を逃す

そういえば、立ち技の格闘イベント「K-1」の成功以来、世間は「○-1」だらけになった。ピン芸人日本一を決める番組は「R-1ぐらんぷり」、B級グルメのナンバーワンを決めるイベントは「B-1グランプリ」といった形だ。しかし、検索をしてみると、ありとあらゆるもので「○-1」はある。たとえば「P-1グランプリ」を検索してみると以下が出てくる。

◆「パナソニック」の会員向けネットキャンペーン
◆福井県小浜市の「プリン」の祭典
◆キャバクラチェーン「プリンスグループ」のキャバ嬢売り上げバトル
◆若者による山口県内就職促進動画コンテスト(プレゼンテーションとパッションの頭文字から)
◆「パンジャンドラム」最速王決定戦
◆日本精神神経科診療所協会の研修会に関する「プレゼンテーション」

そういったわけで、これから新商品やサイトをつくるにあたっては、若干の「キラキラネーム」を意識したほうがいいだろう。とにかく同じような名前が多過ぎると、せっかく獲得できたかもしれぬ顧客を他に奪われてしまうかもしれない。「P-1グランプリ」とつけたくなるかもしれないが、プリンの祭典であれば「小浜・プリン大決闘祭2017」とかでいいんじゃないのかな。

----------

【まとめ】今回の「俺がもっとも言いたいこと」
ネットで検索上位を狙いたければ、名前には他とかぶらない言葉を用いるべし

----------

----------

中川淳一郎(なかがわ・じゅんいちろう)
1973年東京都生まれ。ネットニュース編集者/PRプランナー。1997年一橋大学商学部卒業後、博報堂入社。博報堂ではCC局(現PR戦略局)に配属され、企業のPR業務に携わる。2001年に退社後、雑誌ライター、「TVブロス」編集者などを経て現在に至る。著書に『ウェブはバカと暇人のもの』『ネットのバカ』『ウェブでメシを食うということ』『バカざんまい』など多数。

----------

(ネットニュース編集者/PRプランナー 中川 淳一郎)