スターバックス コーヒー ジャパン初のコールドブリュー コーヒーを使った新作ドリンクを飲んでみた (C)oricon ME inc.

写真拡大

 ここ2年くらい前から耳にすることも多くなった「コールドブリュー コーヒー(水出しコーヒー)」という言葉。コーヒー好きでなければいまいちピンと来ないかもしれないが、今年こそデビューのチャンス! スターバックス コーヒー初の、コールドブリュー コーヒーを使った新作ドリンクが24日から登場する。おしゃれにSNSでアップしたくなる、スタイリッシュなビジュアルにも注目が集まりそう。気になる味わいをレポート!

【写真】『コールドブリュー クリーム フロート』ができるまで

 「コールドブリュー コーヒー」とは、じっくり時間をかけて抽出した水出しコーヒーのこと。専用の豆「コールドブリューブレンド」は、シトラスやチョコレートがブレンドされた風味が特長で、2つのフレーバーを使った新作ドリンクとも好相性。飲むとその風味が効いているのがよくわかる。フレーバーを加えずにコーヒー単体で飲んでみると、甘くやわらかい口当たりで、苦味が少なく飲みやすい。コーヒーブランドの中でも、コールドブリュー専用豆を使っているのは珍しいのだとか。

 仕上げに振りかけられたコーヒーハイシュガーがキラキラとしていて、ちょっと特別感も感じる『コールドブリュー クリーム フロート』。ベースは「コールドブリュー コーヒー」に、バレンシアシロップとヘーゼルナッツシロップを加えている。柑橘系の爽やかさとすっきりとした甘さが感じられる『バレンシア』と、ナッツの香ばしい風味が鼻に抜ける『ヘーゼルナッツ』、どちらも同じ「コールドブリュー コーヒー」なのに、まったく違う印象。何度でも飲みたくなるクセになる味わいになっている。

 トップのクリームフォームは、通常のホイップクリームにミルクを混ぜ合わせて作るので、ふわっと軽やかな口当たり。脂肪分が抑えめだからトロトロしていて、すぐにコーヒーに溶けていく。おすすめの飲み方は「混ぜずに、コーヒーにクリームフォームとコーヒーハイシュガーが溶け込んで、味わいがだんだんと変わっていくのを楽しんで」(同社)とのこと。

 フラペチーノよりすっきりした甘さ、カフェラテより軽やかなクリーミーさを求める人におすすめの、夏にハマること間違いなしの新スタイルのアイスコーヒー。「コールドブリュー コーヒー」が数量限定の生産なので、売り切れの可能性もあり。トレンドキャッチャーは飲み逃しのないように!

【商品詳細】
『コールドブリュー クリームフロート バレンシア』
『コールドブリュー クリームフロート ヘーゼルナッツ』
税抜価格:Tall 各420円 ※Tallのみの販売
販売期間:2017年5月24日〜8月31日
取扱店舗:全国のスターバックス店舗(一部店舗を除く)
※なくなり次第終了