Photo by cinemacafe.net

写真拡大

「横浜 大さん橋」(横浜港大さん橋国際客船ターミナル)2Fに、地元の食材をふんだんに使った絶品豚肉バーガーや厳選コーヒーなどのメニューを展開するグルメバーガーカフェ「cafè & dining blue terminal(カフェアンドダイニングブルーターミナル」が5月26日(金)に誕生。横浜エリア屈指のロケーションを誇る大さん橋内で、“コンフォートフード”をコンセプトとしたモーニングからディナーまで利用できる空間を提供する。
「横浜 大さん橋」は、横浜港に突き出た国内最大級の大型客船ターミナルで、開放的な屋上デッキから、横浜みなとみらいの美しい街並みが見晴らせ、デートスポットとしても人気。

今回誕生した「カフェアンドダイニングブルーターミナル」では、特注のバンズに柔らかな豚肉を豪快に挟んだクラフトバーガー「blue terminal burger」や、味噌やきんぴらごぼうなど日本食材をモダンにアレンジした「和 burger」、肉を一切使用しない野菜に特化した「vegetarian burger」など、フォトジェニックでトレンディな4種を用意。

そのほかにも、市内に店舗を構える健康志向の「baygo+(ベイゴープラス)」のベーグル、三浦野菜をふんだんに使用したパスタ、色鮮やかなハーブで彩ったキーマカレー、デザートに季節のフルーツをふんだんにのせたバターミルクパンケーキなどをラインナップ。

併設のコーヒースタンドでは海外でも評価が高いコーヒーロースター「ONIBUS COFFEE」(東京/中目黒)の厳選された風味豊かな豆を使用。エスプレッソまたはハンドリップの2種類の抽出方法が選べて、ペイストリーはテイクアウトも可能。コーヒー以外にも無農薬有機栽培の高品質な緑茶ブランド「NAKAMURA TEA LIFE STORE」(東京・蔵前)の煎茶やほうじ茶などの日本茶、自家製のハーブレモネード、横浜のクラフトブリュワリーである横浜ビールのボトルビールなど、多彩なラインナップなので、お天気の良い日には、ドリンクをテイクアウトして、屋上でのんびりくつろぐのもおすすめ。

5月26日(金)オープン初日はハンバーガー300個を先着で無料提供する<フリーバーガーDAY>を開催。初日に限りオープン時間は11:00〜となる。(当日9:00〜整理券を配布、1人につき1個までの提供、店内での利用に限る。ハンバーガーがなくなった場合は、コーヒーを無料提供予定)いち早く、オープンにかけつけてハンバーガーをゲットしてみては。





(text:cinemacafe.net)

■関連記事:
行くだけでベル気分「美女と野獣」をコンセプトにしたカフェ&レストラン
ロブスターロール専門店「LUKE’S 」がルミネ横浜にオープン!
クラフトビール初心者も楽しい!「スプリングバレーブルワリー東京」へのアクセス、メニューまとめ
世界中のご当地グルメバーガーが集合! ハードロックカフェ「ワールドバーガーツアー2017」スタート
LA発のハンガーバーレストラン「UMAMI BURGER」が日本初上陸! 青山にオープン