女優&モデルとして注目を集めている故マイケル・ジャクソンの娘、パリス・ジャクソンが批判を浴びている。きっかけとなったのは、スナップチャットにトップレスで犬と一緒に日光浴をしている画像をアップしたコト。バストトップがてんとう虫のイラストで隠してあるという際どい画像に一部のファンからは、「下品だ」という非難の声が! これに対して、パリスはインスタグラムで反論。

 

i'll say it again for those questioning what i stand for and how i express myself. nudity started as a movement for ‘going back to nature’, ‘expressing freedom’, ‘being healthier’ and was even called a philosophy. being naked is part of what makes us human. for me it helps me feel more connected to mama gaia. i'm usually naked when i garden. it's actually a beautiful thing and you don't have to make it sexual the way many hollywood stars (and the media) do. not only is your body a temple and should be worshipped as so, but also part of feminism is being able to express yourself in your own way, whether it's being conservative and wearing lots of clothes or showing yourself. there's different ways of absorbing mother earth's energy, my favorites are earthing which is absorbing the earths vibrations from contact between the soil and your bare feet, as well as letting your naked skin absorb the rays of the sun. the human body is a beautiful thing and no matter what "flaws" you have, whether it be scars, or extra weight, stretch marks, freckles, whatever, it is beautiful and you should express yourself however you feel comfortable. if this makes some of you upset i completely understand and i encourage you to maybe no longer follow me, but i cannot apologize for this in any way. it is who i am and i refuse to shy away and keep my beliefs a secret. every one as an opinion and every one has their beliefs. we don't always agree with one another and that's okay. but again, we are all human, and to appreciate the things that other people do that make us human helps us feel connected. how can that be a bad thing?

Paris-Michael K. Jacksonさん(@parisjackson)がシェアした投稿 -

トップレスの写真をアップしm「私が何を支持しているか、自分をどう表現しているかについてもう一度言うわ。ヌードは『自然に戻る』『自由を表現する』『より健やかである』ための運動として始まった。これは哲学とも言える。裸になることで私たちは人間になれるの。私は裸になると、母なる地球によりつながっていると感じることができる。だから私は庭にいるときには普段から裸なのよ」と主張。

「ヌードは美しいものだし、多くのハリウッドのスターやマスコミがやっているように、性的に捉える必要はない。あなたの体は神聖で崇拝されるべきというだけではなく、あなた自身の方法で自分を表現することはフェミニズムの一部なの。保守的であっても、服を着ていても、あなた自身を見せていても」「どんな欠点があったとしても人間の体は美しいものよ。それが傷であっても、余分な体重であっても、ストレッチマークやそばかすであっても」とボディイメージの問題についても触れている。

そして、批判する人たちに改めてこう宣言。「いずれにしても私は今回のことを謝らない。これは私自身だし、恥ずかしがって自分の考えを隠したりしない。みんなそれぞれの意見や信念を持っている、いつでもそれに同意しあえるわけではないし、それは構わない。でも改めて言うけれど、私たちはみんな人間であり、他の人がやっていることを認めることで私たちはお互いにつながっていると感じることができる。それがどうして悪いことなの?」。SNSでのヌードに対する賛否両論はあっても、パリスの主張には一理あり。まだまだ論争は続きそう。

Photo: Getty Images Text: Yoko Nagasaka