昨年9月、アンジェリーナ・ジョリーとの電撃破局で世界を驚かせたブラッド・ピットが、初めて離婚について語った。『GQ Style』誌のインタビューで、「僕は自分の感情を整理することが、とても下手なんだ。隠してしまう方がうまい」「僕は”パパは何でも知っている”と思って育った。父親は何でもできてとても強い、そういうメンタリティだ。男というもの、男性が感じる自信の喪失や苦悩については真に理解していなかった」。ブラッド自身も自分の気持ちを隠し続けていたけれど、離婚に直面してそれでは駄目だと気がついたそう。

「離婚に顔を平手打ちされたような気持ちだったよ」「もっと頑張らなくては。子どもたちのために頑張らなくては、それを彼らに示さなくちゃって思ったんだ。その点、僕は素晴らしかったとは言えないから」そう。また、アルコールの問題も抱えていたことも明かした。「酒をかなり飲みすぎていたよ。それが問題になったんだ」。カウンセラーと話したり、禁酒のコーチを雇ったりしてこの問題と向き合ったというブラッド。「禁酒して半年経ったことがとても嬉しい。ほろ苦い出来事ではあるけれど、また自分の感覚を取り戻すことができた」「もうあんな風には生きたくかったんだ」。

破局後、一カ月半はサンタモニカにある友達の家に泊まっていたが、今は友人の彫刻家のスタジオに通い、彫刻に打ち込んでいるそう。「これまでずっとやってみたことだったんだ」「自分で自分に驚いているよ。とても孤独な作業だ。たくさんの手作業を伴うし、これが今の僕には役立っている」とも。アンジーとの親権バトルも当初の泥沼状態を脱し、平和に解決することをアンジーと一緒に目指しているそう。今後の展開、そしてブラッドの今後の動きにも要注目。

Photo: Getty Images Text: Yoko Nagasaka