防弾少年団「ビルボード・ミュージック・アワード」参加の感想を述べる…ファンに“愛してる”

写真拡大

防弾少年団が「ビルボード・ミュージック・アワード 2017」に出席した感想を述べた。

21日(現地時間) 防弾少年団は、米・ラスベガスで行われた「ビルボード・ミュージック・アワード 2017」に公式に招待され参加した。授賞式に先立ち、マゼンタカーペットに上がりインタビューを行った。

この席で防弾少年団は、K-POPグループで初めてビルボード授賞式に出席した感想を尋ねられると、歓声で代弁し笑いを誘った。

防弾少年団は、「Top Social Artist」部門の候補に上がった。彼らはビルボードの「ソーシャル50」チャートが集計された後、3度目の1位になった歌手として、同部門にジャスティン・ビーバー、セレナ・ゴメス、アリアナ・グランデ、ショーン・メンデスなどのポップ歌手と肩を並べることになった。

防弾少年団は、強大なソーシャル影響力の秘訣を「真心の見えるコミュニケーション」と述べた。RAP MONSTERは「僕たちはデビュー前からTwitterを使用してきた。Twitterを通して、僕たちが何を食べ、何が好きかなど、継続して共有して来た」と説明した。

最後に防弾少年団は、ファンに「感謝している、愛してる」という言葉を付け加えた。