チェ・ジニョク主演ドラマ「トンネル」OCNの歴代最高視聴率を記録して放送終了…有終の美を飾った

写真拡大

「トンネル」が自己最高視聴率を打ち立てて放送終了した。

視聴率調査会社ニールセン・コリアによると、21日に韓国で放送されたOCN土日ドラマ「トンネル」(脚本:イ・ウンミ、演出:シン・ヨンフィ) の最終話が有料プラットフォームで平均6.5%(以下、全国基準) を記録した。

「トンネル」の第1話は2.8%を記録し、第14話が自己最高視聴率であり、OCNチャンネルの歴代最高の視聴率である6.3%を記録した。前作「ボイス」の自己最高視聴率は5.6%だった。

「トンネル」はチェ・ジニョク、ユン・ヒョンミン、イ・ユヨンなど、若手俳優を起用したジャンルもののタイムスリップ捜査劇で、隙間のない展開と俳優らの熱演に支えられ、毎回好評を得ていた。

また、「トンネル」の後番組としてはチョン・ジェヨン、キム・ジョンウン、ヤン・セジョン主演の「デュエル」が6月3日より韓国でスタートする。