画像提供:マイナビニュース

写真拡大

グローバルセキュリティエキスパート(GSX)と、日立ソリューションズ・クリエイトは5月22日、企業の情報セキュリティおよびサイバーセキュリティの入口対策から内部対策、出口対策の設計・構築・定着において、セキュリティビジネスの業務提携を開始し、両社協業体制を構築することに合意した。

近年、度重なる情報漏えい事故は、企業のみならず消費者の生活をも脅かす脅威となっている。増加し続ける「犯罪」とそれらを抑制するための各種ガイドライン整備や要求などの「外圧」に呼応すべく、企業は対策に迫られているものの、社内においては、セキュリティリスクを現場任せにしたり、そもそもセキュリティ意識について経営層と現場との認識のズレが浮き彫りとなっているという。

そこでGSXと日立ソリューションズ・クリエイトは、協業体制のもとで営業、コンサルタント、エンジニアなどの人材交流も含め、相互ノウハウ・強みの共有を図り、総合的に顧客の課題解決を実現する。

情報セキュリティおよび、サイバーセキュリティにおける総合セキュリティ対策(人的セキュリティ、物理的セキュリティ、技術的セキュリティ)を両社のサービス・取扱製品にてワンストップで顧客の課題解決を図る。

課題解決の上流工程では、セキュリティコンサルティングおよび、テクニカルコンサルティングにより顧客のリスクマネジメントレベルの向上を行う。また下流工程では、日立ソリューションズ・クリエイトの特徴を生かし、最適ソリューションの提案や、信頼のあるシステム設計・構築など、お互いのセキュリティ全般を網羅した対策ソリューションで課題解決を支援する。