B1A4 シヌゥ「ハムレット」初公演の感想を伝える“僕だけのハムレットを表現したい”

写真拡大

B1A4のシヌゥがミュージカル「ハムレット」に出演した。

19日午後、シヌゥはソウルD-CUBEアートセンターにてミュージカル「ハムレット」の幕を開けた。主人公のハムレット役を務めるシヌゥは、優しさとカリスマ性の両方を持つキャラクターを演じきった。

初公演を終えたシヌゥは所属事務所のWMエンターテインメントを通して「今年10周年を迎えた『ハムレット』という大作を、(今年は) 僕が幕を開けたことがとても胸が一杯で光栄だ。キャスティングされた時、最初は本当に嬉しくて幸せだったが、一方ではプレッシャーも大きかった」と打ち明けた。

また「この作品を本当によくやり遂げたいと思い、僕だけのハムレットを表現したかった。たくさんの俳優の皆さん、スタッフの皆さんが僕の足りない部分を埋めて、一緒に悩んでくださった。僕に力を吹き込んでくださった」と感謝の挨拶を付け加えた。

ミュージカル「ハムレット」は2007年に韓国で初演され、2011年までキム・スヨン、シン・ソンロク、イム・テギョン、パク・コニョン、パク・ウンテらが主役を演じた。7月23日までソウルD-CUBEアートセンターで上演される。