ブラジル・リオデジャネイロのイパネマビーチで岩の上に寝そべる、「人魚男」として有名になったダビ・モレイラさん(2017年5月3日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】ブラジル・リオデジャネイロ(Rio de Janeiro)に住むダビ・モレイラ(Davi Moreira)さん(22)は、イパネマ(Ipanema)のビーチが似合う普通の若者だ。人魚のような尾ひれを着けていること以外は。

「(人魚の尾ひれを着けることは)ライフスタイルの一部。自分が海をどれだけ愛しリスペクトしているかを示せるし、これで潜るとまるで別の人間になったかのような気分になるんだ」

 岩の上で寝そべりながらモレイラさんは話す。太陽の日差しが降りそそぎ、尾ひれがキラキラと輝く。

 だが、人魚にかける彼の情熱は全ての人から受け入れられたわけではないという。時には侮辱され、また時には精神的な治療をすすめられたこともあった。

 モレイラさんいわく、人魚への執着は「残酷」な現実に対する一つの答えだという。

「人と違う私を皆バカにするけど、逆に笑い返してやるんだ。だって彼らは皆全く同じなんだもの」

「現実逃避をしているわけではないし、社会の中でうまくやっていくことだってもちろんできる。ただ、今の生き方が自分にとっては最高なんだ。誰かを傷つけているわけでもないしね」
【翻訳編集】AFPBB News