米国男子ツアー「AT&Tバイロン・ネルソン」最終日。TPCフォーシーズンズ・リゾートの17番グリーン周辺で優勝争いを見守るギャラリーたちの表情がテレビ画面に大写しになった。食い入るように見つめる真剣なまなざし。その様子を眺めていたら、ジョーダン・スピース(米国)の幼少時代の逸話が思い出された。

この大会はスピースの地元、テキサス州ダラスで開催されている。幼いころから父親に連れられて弟と一緒に会場を訪れていたスピースは、7歳のとき、パー3の2番グリーン奥の芝生に座って観戦していた。
フィル・ミケルソン(米国)のティショットがグリーンをオーバーしてスピースのすぐそばへ。歩いてきたミケルソンにスピースの父親が「邪魔なら息子たちを動かしましょうか?」と尋ねると、ミケルソンはスピースに「じっとしていられるかい?」。スピースが「イエス!」と答えると、ミケルソンはスピースの至近距離からショットし、見事に寄せてパーセーブ。雷に打たれたように衝撃を受けたスピースは、ミケルソンに憧れてプロになった。
その出来事から16年が経過した今年。不調のスピースは予選落ちを喫して早々に姿を消し、最終日に人々の熱い視線を浴びていたのはミケルソンではなく、ジェイソン・デイ(オーストラリア)とビリー・ホーシェル(米国)だった。
ダラスのゴルフファンにとって地元の大スターであるスピースの予選落ちは残念な展開に違いない。だが、29歳のデイと30歳のホーシェルの落ち着いたプレーぶりからは、学ぶべきもの、参考にすべきものも多々あり、大いに楽しめたのではないだろうか。人々の真剣な眼差しは「さすがは米ツアーのトッププレーヤー」と言っているかのようだった。
デイもホーシェルもして絶好調ではなかった。デイは昨年5月の米国男子ツアー「ザ・プレーヤーズ選手権」を制して以来、すでに1年以上も優勝から遠ざかっている。昨季はシーズンエンドのプレーオフのラスト2試合で棄権を余儀なくされた。今季はこれまで優勝争いにすら絡めず、世界選手権シリーズの「メキシコ選手権」は風邪で欠場、「マッチプレー選手権」は実母の肺がん手術に付き添うために途中棄権。「マスターズ」から復帰したものの、なかなか調子は戻らず、今週もショットは曲がり気味だった。
ホーシェルは2014年のプレーオフシリーズで2勝を挙げ、フェデックスカップ・チャンピオンに輝いた実績の持ち主。だが、以後は優勝が無く、今週は4週連続予選落ちを喫した直後の試合出場で、デイ同様、やはりショットは乱れ気味。
そんな2人が優勝争いに絡んだのは、どちらもパットのおかげだった。ストローク・ゲインド・パッティングでホーシェルは1位、デイは2位。ショットの乱れをグリーン上でカバーし、「パット・イズ・マネー」を地で行くプレーぶり。ショットが曲がり、林に転がり込もうとも、ロープ際のギャラリーの大群の中に打ち込もうとも、冷静な対応でリカバリーして、パット合戦に持ち込んでいった2人の姿。
なるほど、ゴルフはこうやって戦えばいいんだな――そう思わせてくれるプレーぶりだったからこそ、グリーン際の人々は真剣な表情で2人に見入っていたのだと思う。
しかし、サドンデス・プレーオフは、1ホール目にデイが80センチのパーパットを外した瞬間、ホーシェルの勝利が決まって、終戦。意外で、あっけない幕切れとなり、勝利が決まったホーシェルが「こういう勝ち方は望んではいなかった」と驚きの表情を見せたほどだった。
だが、どんな勝ち方であれ、優勝は優勝だ。そして、どんな短いパットも1打は1打だ。パットの重要性と1打の重み、そんなベーシックな事柄をあらためて教えてくれた2人の優勝争いは、派手なタイプの2人が決して派手ではないゴルフで勝利を競い合ったという意味で、とても面白かった。
文 舩越園子(在米ゴルフジャーナリスト)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

昨年覇者ジェイソン・デイが涙の記者会見、がんを患う母の元へ
ビリー・ホーシェルがジェイソン・デイとのプレーオフ制しツアー通算4勝目
石川遼、2戦連続予選落ちも収穫アリ「昨日の良かった部分が続けて出せた」
松山英樹の快挙を青木功が祝福「きっとメジャーを勝つのは近い」
誰も言わなかったことをズバリ!【究極のレッスン】