デュアルカメラ搭載で3万円台、高コスパなSIMフリースマホ「ZTE BLADE V8」5月25日発売


ZTEは、SIMフリースマートフォンの新モデル「BLADE V8」を5月25日に発売します。特徴は、デュアルカメラを搭載しながら、価格を3万4800円(税別、以下同)に抑えた点。2つのカメラを使って、まるで一眼レフのようなボケのある写真を撮影できます。

主な仕様は次の通りです。5.2インチ 1920 x 1080 フルHD IPS液晶ディスプレイ、Snapdragon 435 オクタコアプロセッサ 1.4GHz、3GB RAM、32GBストレージ、microSDXC外部ストレージ(最大128GB)など。



デュアルカメラは次のような構成です。1300万画素・F値2.0のメインカメラと、200万画素のサブカメラを搭載。この2つのカメラを使って、背景をボカした写真を撮影できます。

撮影後のフォーカス調整(リフォーカス)にも対応。合わせたい場所にピントが合わなかったとしても、後からピントの位置やボケ具合(F値)を変更できます。また、2つのカメラを使った3D撮影にも対応。撮影した3D写真は3Dゴーグル使って鑑賞できます。面白いギミックですが、製品の化粧箱は3Dゴーグルに組み立てられるため、それを使って鑑賞することもできます。

フロントカメラも充実仕様です。1300万画素イメージセンサーに加え、LEDライトを搭載。薄暗い室内でも明るい自撮りを撮影できます。画角は78.4°と広角です。


撮影後のフォーカス調整にも対応


F値を1.8にリフォーカスした様子。一眼レフで撮影したようなボケ感が魅力



流行りの生体認証にも対応します。フロントの下部に指紋センサーを搭載。写真ライブラリやSMSアプリといった任意のアプリを指紋認証でロックすることも可能です。



バッテリー容量は2730mAh、OSバージョンはAndroid 7.0 Nougat。

本体サイズは 148.4 x 71.5 x 7.9mm、重さは141.6g。カラーはミッドナイトグレー、シャンパンゴールドの2色展開です。

通信方式はLTEがB1、 B3、B8、 B19、 B26(au VoLTEのみ対応)。3Gが B1 、B6、 B8、 B19。GSMが800 / 900 / 1800 / 1900MHz。通信速度は受信150Mbps、送信50Mbps。DSDS(デュアルSIM・デュアルスタンバイ)にも対応します。

デュアルカメラ搭載で3万円台の魅力

デュアルカメラを採用するスマートフォンは近頃増えています。代表的なのは、アップルのiPhone 7 PlusやファーウェイのHUAWEI P9 / Mate 9、LG V20 PROなど。

しかし発売時の価格はいずれも5万円以上で、ミドルレンジの上位からハイエンドの価格帯となっていました。その意味で、デュアルカメラを搭載しながら3万円台というZTE BLADE V8の価格は魅力的。フルHD液晶や指紋認証の搭載と合わせ、お手軽に入手できるデュアルカメラスマホの代表格となりそうです。

(更新:12:45)実機画像を数点追加したほか、記事を整えました