世界に8台しかないとされる初代Apple Iの1台が、先日ドイツ・ケルンでオークションにかけられました。稀少なモデルとあってその落札額に注目が集まっていましたが、当初予想されていた額を大幅に下回ったようです。

予想を大幅に下回る金額で落札

1976年に発売されたApple I 約200台のうち、現在も正常に動作するものは世界に8台しかないといわれています。その稀少さから年々価値が上昇し、2013年には668,000ドル(約7,450万円)、2014年には905,000ドル(約1億円)で取り引きされたことがわかっています。
 
そして現地時間5月20日、そのApple Iの1台が、ドイツでオークションにかけられました。米カリフォルニア州バークレー在住のコンピュータエンジニアが所有していたもので、正常に動作するだけでなく、各種付属品も良好な状態で保存されていたため、巷では18万ポンド(約2,600万円)から30万ポンド(約4,340万円)で取引されるだろうと予測されていました。
 
しかし実際の落札額は11万ポンド(約1,600万円)と、予想を大幅に下回ったことが明らかになりました。

「正常なレベルに戻っただけ」

オークションを主催したBreaker’sオークションハウスは今回の落札金額について「われわれの目から見れば、正常なレベルに戻っただけ。スティーブ・ジョブズの死後5年で、『興奮状態』が落ち着いた」と述べています。
 
Apple Iを手に入れたのは、古いコンピュータを収集しているドイツ人のエンジニアとのことです。
 
 
Source:news24 via 9to5Mac
(lunatic)