乃木坂46『生まれてから初めて見た夢』通常盤

写真拡大

 乃木坂46の冠バラエティ番組『乃木坂工事中』(テレビ東京系)。5月21日放送分では「これって我が家だけ? グランプリ」後半戦の模様をオンエアした。

(関連:乃木坂46 中田花奈、3期生“美脚御三家”に大興奮「スリスリしたーい」

 今回の企画は前回に引き続き、普通だと思っていたが実は自分の家庭だけだったちょっと変わったルールやしきたりを発表し、グランプリを決定するというもの。まずは井上小百合が「誕生日プレゼントをもらえるのは兄だけ」という独自ルールを発表し、「(井上家は)長男が跡を継ぐみたいなのをすごく大事にしている。お兄ちゃんだけ異様な扱いを受けてて」と説明。MCのバナナマン・設楽統が「誕生日プレゼント貰ったことないの?」と聞くと、「10円とかリンゴとか」と驚きの発言をした。

 さらに井上は「初めて乃木坂46に入って誕生日ケーキを貰った時に号泣して。私生まれて来て本当に良かった!(と思った)」と明かした。これに対し中田花奈は「(家族の)誰かの誕生日の時はホテルのインターコンチネンタルでディナービュッフェを食べる」とセレブな過ごし方を明かし、「ケーキが誕生日に出てくるものだと思わなくて、いつでも食べていいもの(だと思っていた)」と発言し、驚かせた。

 続いて齋藤飛鳥が「日曜日のお昼はラーメンご飯」という一見普通なルールを発表。しかし齋藤が「白いご飯にカップラーメンかけて……」と“ラーメンご飯”を説明すると、スタジオは驚きの表情に。さらにその上にのり塩味のポテトチップスを載せる、という“ラーメンご飯”をスタジオで試食。ジャンキーな“ラーメンご飯”を見たバナナマン・日村勇紀が「誰の発明?」と聞くと、齋藤は「ママです。うちすごいデブの食卓で……」と発言し、設楽から「ガリガリじゃねぇかよ!」とすかさずツッコミを入れられた。

 そして山下美月が「全部塩ご飯でした。塩がかかって(ご飯が)出てきて、めっちゃ味濃いみたいな」と食卓での不思議ルールを明かし、「全部おかずも味濃いし、飲み物も炭酸」と説明。さらに山下は「実家帰ったらご飯にドレッシングとかかけて」と言い、時にはご飯に塩と醤油両方をかけることもあることがわかり、スタジオを驚かせた。さらに寺田蘭世は「食事が家族全員別々のメニュー」と明かした。寺田は「最近他の家庭がそうじゃないってことを知った」と言い、「朝食が私とお母さんと弟は洋食派で、妹とお父さんは和食派」と説明。さらに「夜ご飯も妹の好き嫌いが結構多いので」と夜も別々であることを語った。

 秋元真夏は「旅行先で必ず人生ゲームをやる」と言い、「(旅行先で)夜の11〜12時にお母さんが『さぁやるよ』って人生ゲーム出してきて。みんな眠いんですよ。持って来たお母さんもすっごい眠いんですけど、やるっていう決まりが出来ちゃってるから、やらないと眠れなくて」と暗黙のルールを説明した。秋元が「みんな地獄だって思いながらやる『地獄の人生ゲーム』」と言うと、設楽は「人生を教えようとしてたんじゃない?」とフォロー。優勝は独自ルールの多かった寺田蘭世となった。次回放送では「新軍団員勧誘プレゼン大会!」の模様をオンエア予定だ。(向原康太)