キャリー・ジョージ・フクナガ監督と
マーガレット・クアリー Photo by Mike Coppola/
Getty Images for Peabody Awards、
Photo by Jason LaVeris/FilmMagic

写真拡大

 「ビースト・オブ・ノー・ネーション」「TRUE DETECTIVE 二人の刑事」の日系アメリカ人監督キャリー・ジョージ・フクナガが、女優のマーガレット・クアリーと交際しているようだ。

 米アス誌によれば、39歳のフクナガ監督と22歳クォーリーがデートを重ねているという。クアリーは女優アンディ・マクダウェルの娘で、映画「ナイスガイズ!」「パロアルト・ストーリー」などに出演。また、日本の人気漫画をNetflixが実写化したハリウッド版「デスノート」では、ヒロインを演じている。

 クアリーは以前、「デスノート」に主演する俳優ナット・ウルフと交際が噂されていた。また、フクナガ監督は女優ミシェル・ウィリアムズと過去に交際報道があった。

 フクナガ監督は現在、ケイレブ・カー著の小説「エイリアニスト 精神科医」をダコタ・ファニング主演でシリーズ化する新ドラマ「The Alienist(原題)」で、脚本・制作総指揮を手がけている。また、2018年放送予定のエマ・ストーン&ジョナ・ヒル共演のコメディドラマ「Maniac(原題)」では監督・脚本・制作総指揮を務める。

 クアリーが出演するハリウッド版「デスノート」は、Netflixで8月25日から全世界同時配信。