「結婚を前提に付き合う」ってどういうこと?「普通の交際」との違いはコレ

写真拡大

結婚を望んでいる女子にとって、うれしいセリフ「結婚を前提に付き合おう」。このワードがあるのとないのとでは、お付き合いのイメージも変わりますよね!

でも、普通に交際するのと具体的にはどう違うのでしょうか?付き合ったら早々に結婚に向かうの?道半ばでダメになってしまったらどうする?など、「結婚を前提にして付き合う」について深堀りしていきます!

◆「結婚を前提に」ってどういうこと?


◎結婚を前提に付き合うとは?


普通に男女が交際する場合、うまく続けば結婚もあるかもと、ゴールに関しては不確定ですよね。けれども、結婚を前提にしているカップルは、将来結婚することは確定していて、そこに向かって付き合っていくのです。

◎何年くらい付き合う?結婚までの流れは?


結婚前提とは言っても、今すぐ結婚準備に取りかかる!というわけではありません。とはいえ、普通に付き合うのとは違ってダラダラお付き合いするのではなく、だいたい1年、長くても2年くらいで結婚するカップルが多いようです。

◆普通に付き合うのとどう違う?


普通に交際するのであれば、深く考えずに一緒にいればいいのですが、結婚を前提にしている場合は違います。結婚が夢のような“いつかするもの”ではなく、現実として“向かっていくもの”になるのです。

結婚を前提に付き合い、実際に結婚に至った女性にどんな付き合いだったのか聞いてみました。

◎どうして結婚前提に?


「お互いに結婚願望があったのと、そこそこの年齢だったので、付き合い始めるときに結婚を前提にして付き合おうと言われました」

◎今までの付き合いとの違いは?


「結婚を意識しているので、お互いをよく知ろうと今まで以上に相手のことを見たり、素の自分をさらけ出したりしました。あと、少しでも一緒に時間を過ごすこと、具体的に将来の話をすることを大切にしました」

◆「結婚を前提に」の威力はどれくらい?


結婚したい人は、付き合い始めから「結婚」というワードを出されたらうれしく感じるものでしょう。「結婚を前提に」付き合った経験を持つ男女に、その時の心境を聞いてみました。

◎本気度が伝わる


「告白のときに言ってくれて、私との付き合いを真剣に考え、本気で付き合いたいと思ってくれている気持ちが伝わってうれしかった。自分も真剣に彼の気持ちに応えようと、花嫁修業に勤しんでいます」(28歳/女性)

◎心穏やかに付き合える


「年齢的にも結婚を少し焦っていたのもあり、彼から結婚を前提にと言われて舞い上がりました。結婚がすぐそこにあるのがわかっているので、気持ちを落ち着かせてお付き合いを進められています」(34歳/女性)

◎あれ?思っていたのと違う…


「結婚を前提にしているから、お互いに飾らずに付き合おうと言っていました。いざ付き合ってみると、想像と違ってだらしなかったり、少し雑な扱いをされたりしました。結婚できることに安心したのかな?今少し悩み中です」

「結婚を前提に」というワードに喜ぶ女性が多い中、結婚に迷いが生じてしまった人…。それだけこのワードには威力があるのでしょう。

◆もし別れちゃったらどうなるの?


結婚を前提に!と付き合っていても、悲しいことに別れてしまうカップルもいます。ケンカして収拾がつかなくなり、そのまま破局したり、相手が浮気していたりと、普通のカップルと同じ理由で別れることも。

中には、両親に会わせるもうまくいかなかったり、一生の相手と思うと嫌になってしまったりと、結婚を意識しているからこその理由もあるようです。

結婚しているわけではないので、基本は普通のカップルのお別れと同じなのですが、結婚準備を始めている場合は異なります。
式までの日数にもよりますが、キャンセル費用がかかったり、双方の親への謝罪をしたりと周りを巻き込むことも。

結婚というワードは喜ばしいけれど、気軽に進められないものでもあるんですね。

◆結婚するする詐欺!?


「結婚を前提に付き合ってほしい。と言われて、彼の真剣さに惹かれて付き合いを決めました。いざ付き合ってみると、彼といるのは楽しいけど、一向に“結婚”について具体的な話が出ず。いつプロポーズしてくれるのか、いつ両親に会ってくれるのかと心待ちにしていたのに、はぐらかされてばかり。私が思っているより、彼は結婚前提を軽く捉えていたことがわかり、その適当さに呆れて別れました」(29歳/会社員)

結婚を匂わされてずっと信じていたのにひどい…。彼女を自分のものにしたい気持ちから出たのだと思いますが、その責任は取ってもらいたいですよね。

◆終わりに


結婚というワードは、結婚を意識している女性からすればうれしいものです。でも、彼が本気で結婚を前提にしているのか、付き合う前から結婚を意識できる男性なのかを冷静に考えることも必要なのかもしれません。

「結婚前提で」お付き合いしている人も、これからそう言われる可能性がある人も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ライタープロフィール


sa_ko
気が付けば結婚するまで男が途切れた記憶がほとんどない、隠れ肉食女子。社会人生活ではおじさんをコロコロと転がし、世渡り上手な過去を持つアラサーです。
今は娘一筋で、だんなをコロコロ転がし、優雅に子育てを楽しんでいる関西女子。女子力アップが今の私のモットー。過去の恋愛経験をもとに、恋に悩める女性のための情報を配信します!