南アフリカ戦のU-20日本代表のスターティングメンバー。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全2枚)

 韓国の勝利を見届けた昨夜、私はちょっと格好をつけて、こんなふうに書いた。
「明日は日本の未来を見届けに行くぞ」
 
 日本の未来といっても過言ではないU-20代表、その初戦の印象は「良くも悪くも、いつもの日本」だった。
 
 南アフリカに逆転して、価値ある勝利を飾ったチームに「いつもの日本」。ちょっと厳しい論評だが、偽らざる気持ちである。
 
「悪くも」というのは、個人の力量が見劣りすること。目の前の敵をかわすことができる南アフリカの選手に比べて、日本は1対1で勝負できない。そのため横へのパスが多くなる。意外性がなく、プレーが淡泊なのだ。ボールを触ることを怖がっているようにすら見える。
 
 前夜に見たアルゼンチンやギニア、韓国と比べると、癖がない。素直。勝ったのは日本だが、個人で秀でていたのは南アフリカだった。中盤を仕切った21番セレなどは、惚れ惚れするようなさばき、仕掛けを見せてくれた。
 
 ではなぜ、個人の力量で劣る日本が勝てたのか。それは「良くも」に当てはまることだが、チームとしてのまとまりや継続性で南アフリカを上回ったからだ。
 後半に足が止まった南アフリカに対して、日本は最後まで勤勉に走り続けた。前半振り回された守りも、最後まで持ち堪えた。
 
 1日で4か国が見られるU-20ワールドカップは、各国のプレースタイルが比較できるという意味で、とても興味深い。プレースタイルは、そのまま国民性といってもいい。
 そして案の定、日本は日本人らしいゲームをした。私たちはやっぱり、まじめながんばりやさんなのだ。ちょっとつまらないかもしれないけれど。
 
 才能は小さくても、団結してまじめに取り組む日本に対して、南米やヨーロッパ、アフリカの国々は才能に恵まれた奔放な連中が、自由に自分を表現する。
 果たして、どちらがいいのだろう。
 
 私は、この年代では個人が際立つべきだと考えている。というのも、目の前の敵を外すようなプレーは、20歳前後から習得するようなものではないからだ。その一方で、チーム戦術というのは後からでも間に合う。まずはひとりで戦えることが重要だ。
 日本のプレーが爽やかな若者だとすると、2試合目にプレーしたイタリアとウルグアイは酸いも甘いも噛み分けた老獪な大人のようだった。20歳以下には、とても見えない。
 
 肉弾戦が激しく、パスの威力がまったく違う。敵が間合いに入ってくることを、少しも恐れていない。そして大胆に最短手で王手をかけてくる。
 
 PKを含む大ピンチを次々と止め続けたイタリアの守護神ザッカーニョも素晴らしかったが、その鉄壁を打ち破ったウルグアイの10番、ロドリゴ・アマラルのFKは信じられない威力でネットに突き刺さった。
 
 古典の香りが漂う「元世界王者」の戦い。それは開催国の人々のツボにはまったようで、韓国人(の特におっさんたち)は「うおーうおー」と雄叫びを上げまくっていた。
 
 この2か国に勝つのは、ちょっと大変だ。
 勝負できる個人を今から急造するわけにはいかないから、日本はもっともっと「いい意味での日本らしさ」を出さなければならない。
 
 やっぱりこれが、日本の進む道なのかなあ……。
 もっと面白い日本であってほしいんだけどなあ……。
 
 ぶつぶつ呟きながら、今日も韓国の夜は更けていくのである。
 
取材・文:熊崎 敬(スポーツライター)