弾道ミサイル「北極星2」型の試射を現地視察した金正恩氏(2017年5月22日付労働新聞より)

写真拡大

北朝鮮の金正恩党委員長が、地対地中・長距離戦略弾道ミサイル「北極星2」型の試射を現地視察した。21日午後に発射された弾道ミサイルの視察と見られる。朝鮮中央通信が22日、報じた。

弾道ミサイル「北極星2」型の試射を現地視察した金正恩氏(2017年5月22日付労働新聞より)

弾道ミサイル「北極星2」型の試射を現地視察した金正恩氏(2017年5月22日付労働新聞より)


同通信によると、今回の試射は北極星2型の「技術的指標の最終的な確証を得、さまざまな戦闘環境の中で適応可能性を十分に検討して各部隊に実戦配備するところに目的を置いて行った」という。

金正恩氏は、幹部らと発射結果を分析、評価し、「百点、満点だ、非の打ち所がなく完璧だ」と大満足し、「『北極星2』型弾道ミサイルは完全に成功した戦略武器だ」と述べた。

地対地中・長距離戦略弾道ミサイル「北極星2」型の試射(2017年5月22日付労働新聞より)

地対地中・長距離戦略弾道ミサイル「北極星2」型の試射(2017年5月22日付労働新聞より)


そのうえで、北極星2型武器システムの部隊実戦配備を承認し、「早く多量ロット生産して人民軍戦略軍に装備させなければならない」と強調した。

さらに、「党の指導に限りなく忠実なわれわれの頼もしい国防科学研究部門と軍需労働者たちが強力で威力ある朝鮮式のチュチェ武器、核攻撃手段をいっそう立派に、より多く作り出す」との期待と確信を表明し、試射に関わった科学者、技術者、労働者、幹部らと記念写真を撮った。

試射には、李炳哲(リ・ビョンチョル)、金正植(キム・ジョンシク)、チョン・スンイル、劉進(リュ・ジン)、趙甬元(チョ・ヨンウォン)、朝鮮人民軍の金絡謙(キム・ラクキョム)の各氏をはじめ朝鮮労働党中央委員会の責任幹部が同行した。