チャン・グンソク、キム・ギドク監督の新作映画「人間の時間」に出演…大胆な演技変身を予告

写真拡大

俳優チャン・グンソクが、世界的な巨匠キム・ギドク監督の新作映画「人間の時間」で破格の演技変身に乗り出す。

チャン・グンソクは最近、キム・ギドク監督の新作映画「人間の時間」への出演を確定して、5月末から撮影に突入する。キム・ギドク監督とは初めての作業であり、約6年ぶりのスクリーン復帰作だ。

キム・ギドク監督の23作目の長編映画「人間の時間」は人間の感情と道徳、倫理の限界線をテストして、人類の根源を追跡していく過程を入れた作品だ。

チャン・グンソクは残忍で非情な人間の本能的なエネルギーを表現し、俳優として積み上げた演技力を余すことなく発揮する予定だ。

チャン・グンソクは、「久しぶりの映画出演で、普段から尊敬しているキム・ギドク監督と共にすることになり光栄だ」として、「俳優として人間の最も本能的な姿と限界を演じることが、魅力的な作業だと考えて出演を決めた」と出演の感想を明らかにした。