世界最小LTEスマホ「Jelly」が日本の技適マーク取得

写真拡大 (全2枚)

ヴェルテは、中国Unihertz(中華人民共和国上海)製世界最小LTEスマホ「Jelly」が日本の技適マークを取得したと発表した。

世界最小のLTEスマートフォンをうたう「Jelly」は、米クラウドファンディングサイト「Kickstarter」で大人気に。2017年5月3日にバッカー募集を開始してから、最低目標額の3万ドルを57分という超短時間で到達し、19日時点で目標額の30倍を超える92万ドルを集めるほど大注目を集めている。

中国Unihertzは好調な滑り出しと日本からのバッカーの多さから、日本の技適マークの認証を取得することにしたとのこと。従来からCE、FCC、RoHSを取得する予定だったが、新たに日本の技適マークを取得した。

世界最小LTEスマホ「Jelly」はLTE通信に対応し、OSには開発コード「Nougat」で知られる最新のAndroid 7.0を採用。最新技術を極小端末に収納することを追求しており、本体サイズは、高さ92.3×幅43×奥行13.3mm、本体重量は60.4g。日本語を含む44カ国多言語対応です。日本のローカルバンドにも対応している。

■世界最小LTEスマホ「Jelly/JellyPro」
開発製造:中国Unihertz
正規代理店(予定):ヴェルテ(ドゥモア)
予約受付:受付中
出荷開始予定:2017年8月
価格:Jelly 10,800円(税送料込)2017年5月28日までの早割特価、2017年5月29日以降は通常価格14,800円(税送料込)。
Jelly Pro 12,800円(税送料込)2017年5月28日までの早割特価、2017年5月29日以降は通常価格16,800円(税送料込)。
販売方法:直営店の完全予約制

■本体仕様
ディスプレイ 2.45インチ、240×432ピクセル、タッチパネル
本体カラー ブラック/ホワイト/ブルー
本体サイズ 高さ92.3×幅43×奥行13.3mm
本体重量 60.4g
OS Android7.0(Nougat)、日本語対応(44カ国多言語対応)
CPU クアッドコア1.1GHz
バッテリー 950mAh、待ち受け1週間、連続3日間、交換式
端子 MicroUSB、3.5mmイヤフォン
カメラ 前面200万画素(FF)、背面800万画素(AF)、1080P動画撮影可能
SIMカードスロット デュアルNanoSIMカードスロット(FDD-LTE、TD-LTE専用/GSM専用)
SDカードスロット MicroSDカード、最大256GB、SDXC
内蔵メモリ+ストレージ Jelly1GB+8GB/Jelly Pro2GB+16GB
無線LAN 802.11 a/b/g/n 2.4GHz/5GHz
Bluetooth Bluetooth4.0
センサー GPS、加速度センサ、電子コンパス、ジャイロスコープ
機能 Google Playストア搭載
ネットワーク 4G LTE
バンド
GSM 850(Band5)/900(Band8)/1800(Band3)/1900(Band2)MHz
WCDMA 850(Band5)/900(Band8)/1900(Band2)/2100(Band1)MHz
FDD-LTE Band 1/2/3/4/5/7/8/12/17/19/20
TD-LTE Band40
適合認証 CE、FCC、RoHS、技適マーク(日本)
パッケージ内容 本体、充電器、USBケーブル、マニュアル
公式仕様詳細(英語) http://www.unihertz.com/spec.php
保証 90日保証(初期不良交換、無料修理、無料交換対応。保証期間終了後は有償でサポート)

■販売URL
■公式サイト

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
・CMのような風で髪がなびいた写真が一人で簡単に撮影できる「モバイルバッテリー付クールファン自撮り棒」
・リンクス、iPad mini 4対応 7.9インチ用ハードケース一体型Bluetoothキーボードを発売
・ほぼすべての9〜10インチタブレットに対応するユニバーサル キーボード ケース「ロジクール UNIVERSAL FOLIO uK1050」
・スマホに繋ぐだけ スピーカー付きマイクでカラオケを楽しめる「スマホでどこでもカラオケマイク」
・スマートフォンでの音楽聴取 10代の約6割が「毎日」聴取、定額制音楽配信サービスの利用は9.1%