世界最高峰エベレスト(2015年4月20日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】インド人女性登山家が21日、世界最高峰エベレスト(Mount Everest)の登頂を1週間で2回成功させた。女性登山家による1シーズン中2度のエベレスト登頂成功での世界記録となった。チームが明らかにした。

 アンシュ・ジャムセンパ(Anshu Jamsenpa、37)さんは、標高8848メートルのエベレスト登頂に初めて成功した後、16日にいったん下山。短い休息後、再び頂上を目指し出発した。ジャムセンパさんは、子ども2人の母親。

 現地トレッキングエージェント「Dream Himalaya Adventures」のダワ・ラマ(Dawa Lama)さんは、「アンシュさんは、本日午前8時(日本時間21日午前11時15分)、今季2度目のエベレスト登頂に成功した。新記録だ」と語った。

 ギネス世界記録(Guinness World Records)には現在、2012年に女性として初めて1シーズン2度のエベレスト登頂に成功したネパール人登山家のチュリム・シェルパ(Chhurim Sherpa)さんの名前が登録されている。

 先週には、同じくネパール人登山家のルハクパ・シェルパ(Lhakpa Sherpa)さんが8度目のエベレスト登頂に成功し、自身が持つ女性登山家の最多登頂記録を更新したばかり。

 今シーズン、エベレスト登頂に成功した登山家は120人を超える。しかし、多く発行される登山許可証により山での危険な「渋滞」への懸念も生じている。

 今年の登山シーズンには、すでに2人が死亡。このうちの1人は、スイスの著名登山家ウエリ・シュテック(Ueli Steck)さん。
【翻訳編集】AFPBB News