画像提供:マイナビニュース

写真拡大

NTTドコモは5月19日、表形式のデータからチャットボットを自動作成するツールを開発したと発表した。2017年度内に商用化を予定し、企業における顧客応対やコールセンターなどでの導入を目指す。

チャットボットとは、顧客の問い合わせに人工知能(AI)が回答するプログラム。従来、チャットボットのサービス提供者は質問と回答を個々に組み立てるフローチャート形式などでチャットボットを作成しており、作成・維持管理コストがかかるという課題があったという。

新ツールの利用により、サービス提供者はチャット・ボットの回答とその回答を導くために必要なキーワードをまとめた表データを準備すればチャットボットを自動作成できるため、作成・維持管理コストを同社調べで50%程度、軽減可能としている。

同ツールは、5月19日から7月31日までの間、料理教室であるABC Cooking Studioの「献立チャットボット」サービスにおいて、同サービスのモニター向けにトライアル提供する。同サービスはLINEと連携しており、ユーザーが冷蔵庫にある食材をLINEの献立チャットボットアカウントに入力すると、最適なレシピ(料理名)を提案する。

このサービスは、ABCクッキングスタジオが提案するレシピとそのレシピを導くために必要な食材など約1400個のキーワードを表形式で作成し、同ツールを用いて自動作成する。なお、同サービスはドコモのチャットボットAPI作成プラットフォームである「Repl-AI(レプルエーアイ)」が提供するLINE連携機能を利用している。

ドコモは、同トライアルを通じて得たチャットボットの対話ログを分析することで、同ツールの商用化に向けた課題点などを明確化し、回答精度の向上を目指す。ABCクッキングスタジオは、新たな顧客接点を創出し、将来的に会員以外にも同社の情報を発信し、オンラインでの事業収益モデルとして位置づけていく考えだ。