21日、中国のポータルサイト・今日頭条は、韓国のネットユーザーが主張する、韓国が日本を全面的に超えている6つの分野について紹介する記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2017年5月21日、中国のポータルサイト・今日頭条は、韓国のネットユーザーが主張する、韓国が日本を全面的に超えている6つの分野について紹介する記事を掲載した。

記事は、最近米国のネット上で日本と韓国のどちらが進んでいるかに関する議論があったと紹介。参加者は韓国人が多いようだとしながら、ネットユーザーが指摘した韓国が日本を全面的に超えている6つの分野について伝えた。

その1つが「人間開発指数(HDI)」だ。14年のデータでは確かに韓国が日本を上回っているが、最新のデータでは日本17位、韓国18位となっている。2つ目の点は「購買力平価(PPP)」だ。しかし記事は、IMF、世界銀行などのデータを調べたが、韓国が上回っているというデータを見つけることはできなかったとしている。

3つ目は「軍事力」だ。この理由は、韓国では徴兵制度があるためだと記事は分析した。4つ目は「イノベーション」だ。ブルームバーグのランキングによると韓国はイノベーションランキングで世界一なのだという。

5つ目は「ネット速度」だ。この点については日本を超えているだけでなく、世界的にもトップレベルだとした。6つ目は「その他」の分野で、経済発展の各分野を見ればおのずと韓国は日本を超えていることが分かるのだという。

これに対し、中国のネットユーザーから「俺は日本しか認めない。日本と肩を並べられるのは中国と欧米くらいだ」「韓国の実力で日本と比較できるのか?分かる人は韓国と日本が全く別次元だと知っている」など否定的なコメントが多く寄せられた。

また、「アジアで国力が最も強いのが中国。でも全体的な発展レベルが最も高いのが日本だ」「韓国は日本にちょっと及ばないどころの話ではない。アジアの先進国は日本で、国力最強は中国に間違いない」との意見もあり、いずれも韓国の方が進んでいることに同意するユーザーは皆無だった。(翻訳・編集/山中)