婚活をしているのに、なぜかゴールインできない……。友人たちは幸せそうに過ごしている一方、自分は彼氏さえできない。ずっと婚活で連敗しているなら、何かしら原因があるのでしょう。

そろそろ自分自身と向き合ってみてもいいのかも!?

そこで今回は、婚活で選ばれない女性の特徴をご紹介いたします。

結婚への焦りが強すぎる

婚活をしていることは、立派なこと。世間には結婚をしたいと思いながらも、行動にできない人もたくさんいるのですから。しかし、あまりにも結婚への焦りや執着がみえると、相手はどうしても引いてしまうものです。

たしかに男性側も婚活をしているとなれば、お互いに結婚を前提としたお付き合いになるでしょう。でも最初から「結婚したい」オーラをだすと、男性陣はあなたに対して交際を申し込みにくくなってしまいます。婚活を成功させたいなら、まずは結婚よりもお付き合いを始めることに集中しましょう。

基本を守れていない

見た目が完璧でも、中身が空っぽなら意味がありません。

たとえば高い洋服を揃えてオシャレなメイクをしても、デートをしている間に彼を気遣えなくては、ファッションもメイクもほとんど意味がないのです。

彼があなたの分まで飲み物を注文している間、ずっとスマホをいじっていませんか?彼が「お待たせ」とドリンクを2つ持って帰ってきても、スマホでゲームに夢中。これでは、基本を守れていないうえに相手に対してかなり失礼なことをしています。婚活を成功させたいなら、仕事と一緒で基本を忠実に守りましょう。

感情をコントロールできない

正式に彼氏・彼女の関係になれば、感情的な部分をたくさん見せても、お互いにいい勉強の機会になるでしょう。しかし、お付き合いする前から感情をコントロールできない部分を見せてしまうと、どうしても男性陣は「この人と付き合うと面倒くさそう」と思います。

たとえば、たまたま彼の女友達に会って楽しそうに話している姿を目の当たりにして、不機嫌になっていませんか?あるいは、彼からLINEが来なくなっただけで返信の催促をしていない?いずれにしても、お付き合いする前だからこそ、感情的な部分をみせすぎないように気をつけましょう。

自分の話しかしない

街の中を歩いていると、至るところにカップルがいます。

でもよく耳を澄ませて会話を聞いてみると、女性側が一方的に喋っているだけで、彼はひたすら話を聞いているケースが意外と多かったり……。

デートをしているなら、あくまでもお互いの話を聞くのがマナー。自分の話を一方的にしている状態を決して「コミュニケーション」とは呼ばないはずです。男性に好意をもってもらいたいなら、相手の話を引き出す、もしくは、よく聞いてあげて、彼の心をスッキリにさせてあげましょう。

婚活に求められるのはコミュニケーション力。

いかがでしたか?

婚活で選ばれないなら、原因があります。

きっと自分自身でも薄々気づいているでしょう。いつまでも一方的なアプローチをせず、そろそろ軌道修正をしながら、運命の相手を見つけだしていきましょう!