「福士蒼汰風プロフ写真だったのに!」出会いアプリ“ペアーズ”って実際どう?

写真拡大

<ミフルのGATC(Gocon And The City) vol.69>

 アナタはスマホの出会いアプリを使用したコトはありますか?

 Facebookと連携している、恋活・婚活マッチングアプリ『Pairs(ペアーズ)』や『Omiai(オミアイ)』あたりは、登録人数も多く、みなさんも周りに登録している方もいるのでは?

 でも「本当に良い人に出会えるの?」「怪しくないの?」と心配な方も多いと思います。

 そこで、ペアーズに実際に登録してみてデートまでしてみましたので、その実態をレポートしますね。

◆Pairs(ペアーズ)とは

 2012年のサービス開始以来、登録者数を伸ばし続け、今や500万人もの登録者がいるという『ペアーズ』。筆者もまわりの友人の口コミで知りましたが、広告でも良く見かけますよね。

 登録方法はとても簡単。Facebookと連携しているので、Facebookに登録している人であれば、プロフィールも大部分は自動で登録されます。ものの数分でマッチングを開始するコトができます。

 年収・身長・出身・職業他のスペック等を指定し、自分の好みの相手を探すコトができました。(ただし、年収3,000万以上等、ハイスペック過ぎると毎回同じ人が出てきます。笑)

 半年ほど利用し、20人以上とマッチングし、10人以上と実際にデートしてみましたので、その経験から学んだ心得をご紹介します。

◆プロフィール詐称は正直あった。写真は福士蒼汰風だったのに…

 せっかくなので、検索条件は高め(年収・学歴・身長など)で、写真も自分好みのジャニーズ系のイケメンばかり狙っていたコトも大きいとは思いますが、特に身長と顔の部分では、登録プロフィールの方が勝っていた人が多かったです。例えば。

・身長詐称な人

 プロフィールでは身長180cmだったのに、164cm・ヒールなしの筆者と目線が同じで、どう考えても170cm(どころか165cmも)あるとは思えない、期待させ過ぎでちょっと残念な外銀勤務のイケメン32歳。

・顔写真詐称な人

 写真だとおめめパッチリでスッキリした福士蒼汰風のイケメンでしたが、会ってみると目は一重だし、顔もパンパンで別人でした。どうやら目を見開いて、顔が細く見えるよう頑張って自撮りした写真のようでした。外資系証券会社勤務(30歳)で身長は詐称なしの175cmでした。

◆半数くらいはガチで恋活・婚活

 上記の詐称した人の例もですが、なんと出会った10人中、なんと5人が外資系勤務でした(やはり検索条件に指定した年収が高いからでしょうね)。それにしても、出会いには困らなそうなイメージもありますが、ハードワークだと聞くので、あまり機会が作れないのかもしれません。

 ちなみに出会った10人中カラダ目当ての男は2人(シてませんが)、不明な人は3人、約半数の5人はガチで交際・結婚相手を探している感じでした。無料でできる(女性のみ)ツールとしては、ガチ率が高いのではないでしょうか。

◆初デートにお酒は良くなかったかも…

 出会った10人中3人くらいは、「まずはお茶しませんか?」と言ってきました。ですが酒好きな筆者はついつい、「お酒にしませんか?」と積極的!? に誘ってしまいましたが、それは良くなかったかもしれないと、後になって思います。

 初対面の男女がお酒を飲むというのは、相席居酒屋のように店の管理下にない場合ではないとリスクがあります。酒乱や会計を払わない人もいる可能性があるためです(そこまでヒドい人は今回はいませんでしたが、プロフィールに“ご馳走する”と書いてあったのにワリカンの人はいました……)。

 カラダ狙いの男も、もしかしたら、お酒が入るコトでムラムラさせちゃったのかもしれないなぁなんて思います。