3000円でとことん満喫! 食から観光まで、浅草一人旅のススメ

写真拡大

ひとりカフェや、ひとり映画、ひとりカラオケなど、最近ではおひとりさまを気軽に楽しむ人が増えています。しかし「ひとり旅」となると少しハードルが高いですよね……。そこで、今回は「おひとりさまでも3000円で楽しめる旅」をテーマに、筆者が実際に浅草を探索してきました。グルメから観光まで、浅草を存分に満喫できる、おすすめコースをご紹介します。

■浅草にきたら外せない雷門! 浅草寺を参拝


浅草観光といえば、なんといっても雷門と浅草寺。雷門をくぐると、グルメから和雑貨まで、様々なお店が軒を連ねる、仲見世通りが続いています。
さまざまなお店が連なる仲見世通りは、ついつい寄り道したいもの。しかし、参道のお店というのは、本来参拝を終えた人が帰路に着く前に立ち寄る場所なので、誘惑に負けず浅草寺へ向かいましょう。

実は浅草寺は商売繁盛・家内安全・学業成就・厄除け・病気平癒と、さまざまなご利益があるとも言われています。悩み多い現代、ありがたいかぎりですね。

■1日に3,000個売れる!? 超人気メロンパンを食べよう


浅草寺の本堂から歩いて約3分ほどの場所にある「浅草 花月堂」。お店の名物「ジャンボめろんぱん」は、テレビでも紹介されるほどの大人気商品。なんと、1日に3,000個売り上げることもあるのだとか。
その名の通り、かなりビッグサイズ! 手の平ぐらいの大きさがあります。ひとくちかじると、外はサクサク、中はしっとりふわふわ。こんなに食べごたえがあって1個200円はお得です。

売り切れ次第終了なので、朝一で行くのがおすすめです。

■縁結び、恋愛成就なら「今戸神社」に行こう


素敵な出会いがほしい方、好きな人がいる方にぜひ訪れて頂きたいのが、今戸神社。七福神の一神である、福禄寿が御祭神で、縁結びにご利益があると言われています。

浅草駅から少し離れているので、台東区を循環しているバス「めぐりん」に乗っていきましょう。一律100円で乗車する事ができます。
バスに揺られること約5分。縁結びの神様を祀る今戸神社に到着。招き猫が飾られており、いかにも縁起がよさそうです。
お参りを済ませた後は、その名も「恋勝みくじ」で運試し。筆者も試しにおみくじをひいてみると、なんと大吉! なんだかいい事がありそうな予感……!

■隅田川沿い、墨田公園を散策


帰りは隅田川沿いの墨田公園を散策しながら浅草駅まで戻りましょう。桜や梅の木がたくさん植えられ緑が多く、目で楽しみながら散策できるスポットです。
隅田川を挟んだ向こう岸には、スカイツリーが間近に見えます。

■かわいい猫たちに癒されよう


外国人観光客にも大人気の猫カフェ。浅草駅のすぐそばに「きゃらふ」があります。ドアを開けると、ふわふわ真っ白な猫さんがお出迎え。
ワンオーダー制で、食事をしながら1時間、猫たちと触れ合うことができます。カフェ利用するもよし、ランチ利用するもよし。筆者はお腹が空いたのでドリンクとフードを注文し、1,700円でした。
撫でるとこんなに気持ちよさそうに。かわいすぎる……!
あまりのかわいさに我慢しきれず、抱っこもしちゃいました。固まる猫さん。ごめんね……。

■食後のデザートにチョコたい焼き


猫カフェで心とお腹を満たした後は、デザートを求め、新仲見世商店街の「くりこ庵」へ。定番の小倉あんから、季節限定で抹茶や安納芋味など、様々な種類のたい焼きを販売しています。

「冷やしたい焼き」なるものも気になりましたが、ここは雷門にちなんだ「雷チョコ」という名のたい焼き(185円)をチョイス。たい焼きの中のチョコにフレークが混ざっていて、ザクザクした食感が楽しめます。焼き立てアツアツで、美味しさ倍増。

■おみやげには歴史あるお店の大学芋


浅草には大学芋のお店が数多くあります。その中で今回訪れたのが、明治9年創業の「おいもやさん 興伸」。浅草だけでもなんと5店舗を構えています。
その時期に一番美味しい品種のお芋を使って作られた大学芋は絶品。外側は蜜がかかってカリッとしながら、中はほくほく。冷めても美味しく、また電子レンジで温めなおす事もできるので、おみやげにぴったり。Sサイズで560円です。

定番の観光スポットから、おすすめのグルメまで、大満足の浅草おひとりさま旅。気になる今回の総額は、2,960円! どうです? 3,000円あれば、存分に満喫する事ができるんですよー!

みなさんも次のお休みに、浅草ひとり旅はいかがですか?

(Shoko+どてらい堂)