U-20日本代表の久保建英【写真:Getty Images】

写真拡大

 U-20日本代表は21日、韓国で開催されているU-20ワールドカップ(W杯)・グループD第1節でU-20南アフリカ代表と対戦し2-1の勝利をおさめた。途中出場から得点に絡むプレーを見せた15歳の久保建英に対して、南アフリカメディア『サッカー・ラドゥマ』が称賛の言葉を贈っている。

 1-1で迎えた59分、日本は最初の交代カードを切り、三好を下げて久保を投入。最終ラインからパスを引き出した久保は華麗なタッチから即座にスルーパスを送り南アフリカ守備陣の背後をとる。ここに走りこんだ小川が決定機を迎えるも、ペナルティエリアを飛び出した相手GKに阻まれて追加点は生まれない。

 待望の逆転ゴールは72分に決まった。ショートパスをつないでペナルティエリア左の久保がフリーでパスを受けると、マイナスへのグラウンダーのパスを選択。堂安が冷静にゴールを決めて2-1となる。そして、リードを守りきった日本が2-1の勝利をおさめている。

 同メディアは存在感を発揮した久保について「細かいパスや優れた技術など、才能を披露。GKにセーブされたが、小川に通したスルーパスは見事だった」と評価した。

text by 編集部