露メディアのロシア新聞は、中国が「新エネルギー革命」を宣言したと報じた。中国は南シナ海でメタンハイドレートの採掘に成功した。資料写真。

写真拡大

2017年5月20日、参考消息によると、露メディアのロシア新聞は18日、中国が「新エネルギー革命」を宣言したと報じた。

中国国土資源部の発表によると、中国は世界で初めて南シナ海でメタンハイドレートの採掘に成功した。天然ガスそのものは革命的ではないが、これまで採掘されなかったのは、技術的に難く、経済的な要因もあった。中国はそれらをクリアした。

国土資源部地質調査局の責任者は、今回の採掘成功で中国はメタンハイドレートの分野をリードする存在になったことが明らかになったとし、これにより米国中心のシェールガス革命に次ぐ世界のエネルギー需給の構図を変える新たな革命をけん引する立場になるだろうと話した。

中国がメタンハイドレートの工業開発を実現させれば、世界最大の経済大国である米国との競争においても重要な切り札になる。

タス通信が伝えたところによると、掘削は香港の南東285キロの場所で行われ、サンプルは水深1200メートル余りの海底から採取した。1立方メートルのメタンハイドレートは160立方メートルの天然ガスに等しいとされる。メタンハイドレート100リットルで自動車は5万キロ走行でき、実用化されれば、世界の石油価格は暴落する可能性もある。(翻訳・編集/岡田)