台湾にある日本の遺跡。現在、孫文の史跡館になっている


 『郭台銘の恋人 シャープ :台湾に買われた百年企業』を台湾で出版した、ジャーナリストの姚巧梅(ようこうばい)氏にインタビューした。

 彼女は自分でも本を書くが、曽野綾子さんはじめ日本の本を中国語に翻訳し台湾で広めたりしている。ぼくが2014年に書き下ろした「1%の力」(河出書房新社)の中国語訳本も手がけた。

 2015年、ノーベル文学賞を受賞したベラルーシの作家、スベトラーナ・アレクシエービッチ氏と2003年にぼくが対談していたことを調べ、当時の対談の様子も本に挿入した。日本にはない「1%の力」を出版してくれた。

 実は彼女がぼくをインタビューしに来たのだが、彼女の「シャープの本」が面白いので、逆にインタビューした。話は発展して、ぼくが今年8月、台湾で3つの講演に行くことになった。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

鴻海が成功した理由

鎌田:鴻海(ほんはい)の郭台銘(かくたいめい)会長は、「シャープ買収は第2の創業」と言っている。

 世界に120万人の従業員を擁し、年間5兆元(約19兆円)の売上高を誇る企業のリーダーとして、他ブランドの電子製品を作るOEM(相手先ブランドによる製造)王から何を目指しているのか。

(よう):鴻海は1974年に小工場から創業し、台湾企業の大陸進出時期に急速発展している。生産力、従業員数、工場数、売上高いずれにおいても急成長しており、現在の鴻海は世界最大の電子機器専門受託生産(EMS=electronics manufacturing service)企業である。

「1%の力」台湾版


 鴻海が今日の規模を有するに至ったのは、経営戦略の成功が主要原因である。生産規模の拡大、有利な調達、工場の分散、素早い調整、品質確保、2012年シャープとの関係構築、多角化経営。

 その中でも最も強いものは、強大な生産規模、高い製造技術とコストコントロール、価格戦略とグループ指揮経営が他社より優れていると言える。

 しかし、鴻海は経営には成功しているが、中国での従業員飛び降り自殺事件などのマイナスのイメージがある。また現在の経営戦略には革新性がなく、他の企業に模倣される可能性が極めて高い。

 これにより、鴻海は「科学技術サービス」企業への転身を明言している。呂芳銘副社長は、「世界展開、ビジネスモデルの進化と投資戦略、他分野へ発展」と語り、鴻海は生まれ変わろうとしているという。

鎌田:鴻海はOEMから、設計、製造、販売、マーケティングを網羅する垂直統合型のデバイスメーカーを目指している。サムスンのようなブランド企業になろうとしているようだ。

 日本は世界を見てないのだ。多くの日本人は台湾の企業が120万人の従業員を持っているなんて想像していない。「視野狭窄」。だから苦境に立たされているのだ。「日本病」だ。

 鴻海は、苦境に立っている東芝の半導体メモリー部門の買収に、3兆円で入札していると言われているが、鴻海はなぜ買収を試みているのか。また鴻海は東芝を買うことができるか。

東芝の半導体事業買収の行方は

:IoTは鴻海の未来を発展させる事業分野の1つであり、東芝のNAND型フラッシュメモリーはIoTのカギとなる技術である。

 メモリカード、USBメモリー、ノートPC、スマートフォンおよびビッグデータのみならず、軍事にも応用し得るものである。

 鴻海の東芝買収は困難を極めるが、これは既に経済から「政治」の世界に格上げされているからである。

姚巧梅さんと


 中国半導体の成長に対抗し、日本と米国は中国に工場を持つ鴻海に買収されることを望んでおらず、外為法を盾に阻止する可能性もある。

 しかし、これは最後まで誰にも分らない。鴻海がシャープを買収しようとした時、誰も成功するとは思っていなかったように・・・。

 鴻海もまた中国と一線を画することに努力し、アップル、アマゾン・ドットコム、デル、シャープと連携している。さらには米国に赴きドナルド・トランプ大統領とも会談した。

 シャープが米国にディスプレイ工場を設立することで、米国人の雇用機会を増やす可能性を示すなど、米国・日本・台湾の連携関係をアピールしている。

鎌田:東芝が自由に選択できれば、3兆円の鴻海を指名するだろう。軍事にも利用されるデバイスを、中国・台湾系に絶対的なシェアを握られたくないという思いがどれだけ働くか。

 鴻海が、米国・日本・台湾というチームをどれだけ演出できるかが、カギだと思う。産業革新機構と米KKRの2つのファンドが中心になって、日米連合が2.8兆円を目標に資金集めに乗り出しているが、実際に集まるかどうか微妙だ。

 鴻海の問題ではなく、東芝のガバナンスのなさで、しばらく決まらないだろう。これも「日本病」だ。

 シャープは、2016年度10-12月の連結決算では、最終損益は42億円の黒字と報告されている。9四半期連続の赤字状態に休止符が打たれたが、シャープは生き返りつつあると考えていいのか。戴社長は再建過程における困難をどのように克服していくと予想されるか。

鎌田が10年間主催したバリアフリーツアー(2011年台湾)


:戴正呉(たいせいご)社長は2018年にシャープを東証一部に返り咲かせるために、以下の改革をしている。

3大経営改革方針

1.業務フローの再認識

・シャープによる商品企画、開発と販売を重視し、鴻海は調達と生産を全面的に支援することで、サプライチェーンの改革を目標とする。

2.コスト意識の向上

・経費削減のみならず、資産の活用、コスト管理により、経営効果の向上を図る。

3.信賞必罰の人事制度

・年齢、性別、国籍は無関係に、透明かつ公正な査定制度により、業績評価を行う。
・利益改善の後、職員にボーナスを支給し、高業績・高待遇の体制を確立する。
・チャレンジを回避し、成果を出さない管理職は降格する。

経営再建の13ステップ

・子会社化経営(責任と権限が明確な組織構造による事業拡大の加速)
・待遇改善による士気向上
・企業コミュニケーションと社会責任の強化など、13か条を挙げている。

鴻海はなぜシャープを買収したのか

鎌田:2017年3月期決算は624億円の営業黒字となった。着々と立て直しに向かっている。東証一部に返り咲いた後、戴社長が、シャープ創業の早川家を重用すれば、さらにシャープの士気は上がる可能性がある。こういう情に期待するのも「日本病」の1つかもしれない。

 国内外4万3000人を雇用するシャープは、2008年リーマンショック前の株価は2445円にまで達していた。それが10年後には100円前後にまで下落。米経済紙「Fortune」で、世界のトップ企業500社の内 第25位に評されている鴻海が、なぜシャープを買収したのか。

:電子製品のOEM王である鴻海からすれば、シャープの液晶は戦略物資であり、かつシャープが長年蓄積してきたブランド力とイノベーション力はさらに戦力になるからである。

 中国の学者である喬晋建氏も、「鴻海にはシャープの液晶技術とブランドが必要であり、シャープには鴻海の資金とチャネルが必要だった」と指摘している。

 鴻海が広州において広州市政府との合資により10.5世代液晶パネル工場を設立した際、液晶パネル産業において台湾・日本・中国の三角関係を形成すると発表している。

台北の一番北にある淡水川の書店「有河」の中。向かい側は観音山


鎌田:鴻海のCEO(最高経営責任者)である郭台銘氏は、2016年9月中国深圳で行われたイノベーション向上年度サミットで、「日本の同僚と融合する極めて困難な道のりである」と述べ、「挑戦」「融合」「困難」の3つのキーワードを挙げている。

 シャープを買収したことで、今後鴻海はサムスンを超えようとしているのではないか。日本の電器メーカーに比べて勢いが違う。

 この10年の間に、何が日本を遅らせたと思うか。

:簡単に言えば、日本は1980年代中盤頃までの成功体験が傷を深くした。

(1)人口増加による豊富な内需市場の存在→これが内需重視にさせた。

(2)圧倒的な技術力による競争相手の不在→ガラパゴス化の原因。これはデジタル化・IT化によって破られた。

(3)日本はまだ生産拠点としての立場を確保していたが、これは中国の改革開放による世界の工場化によって破られる→市場閉鎖性が致命傷になる。

 日本の高感度(High Touch)と高品質(High quality)、台湾企業の柔軟性(Flexibility)とスピード感(Speedy)の強みが、相互補完のシナジーを発揮しだしたら面白い。

この10年間続いている「日本病」

鎌田:国内市場の特殊な要求が強く、それに応えるβ(ベータ)対VHSのような無駄な戦いをいくつもしてきたように思う。最終的には世界競争におけるガラパゴス化をもたらし、携帯電話・半導体・家電・コンピューター・エネルギーなどの産業は敗北を続けている。「日本病」がこの10年続いている。

 「日本病」は難治性だが克服のためにはスピード感と柔軟性をしっかり身につけないといけないのだ。

 「鴻夏戀」(鴻海とシャープの恋物語)は今後どうなると思うか。

:鴻海とシャープが連携した2つの製品が試金石になる。1つは自動調理鍋、1つは掃除機である。

 調理鍋は蓋の歯車に鴻海の技術改良後、自動撹拌機能が強化されている。掃除機には鴻海が開発した軽量カーボンが使用され、重量は2.9kgから1.5kgに軽減されている。

 鴻海の専門は精密機器であり、技術と素材開発の仕組みに優れている。同時にコスト効率とマーケティングに優れている。対してシャープには強い研究開発力と優れた技術がある。

 2012年、鴻海は堺工場に37.61%に出資し(2016年には53.5%に拡大)、シャープとの共同経営方式により、4K液晶パネルや太陽電池などを生産している。

 鴻海出資前、堺工場は建設費用の高騰と業績不振により赤字となっていた。鴻海が介入した後、月あたりの生産は10世代パネル8万枚となり、生産効率は上がり、1年後には400数億台湾元の好成績となった。鴻海の経営手腕をもってすればの結果である。

 鴻海とシャープの恋物語の今後は、楽観的に見れば、シャープ出身の専門家、中田行彦氏が見るとおり、「価値創造においては、我々が提唱する『すり合わせ国際経営』の見本が出現したことになる」。ここに注目したい。

鎌田:鴻海はブランド企業になれるのか。百年企業シャープは生き返ることができるか。鴻海は東芝の半導体部門を買収することができるか。

 台湾人ジャーナリストの立場から、鴻海とシャープ、台湾と日本という2つの異なる文化の融合と衝突を語ってもらった。今回の買収を通して、鴻海とシャープそれぞれの夢が達成できるといいと思う。8月に台湾に行ったとき、郭台銘に会いたいと希望を伝えた。

(翻訳協力:北嶋修氏)

筆者:鎌田 實