北朝鮮の弾道ミサイル発射を伝えるKCNAの映像(提供:KRT/AP/アフロ)

写真拡大

 緊迫化する北朝鮮情勢。5月14日にも北朝鮮が弾道ミサイル発射を強行し、国際連合の安全保障理事会で緊急会合が開かれる事態となった。そんななか、長野県軽井沢町が北朝鮮のミサイル攻撃に備えて町職員分の防毒マスクや化学防護服の購入を計画したことが、物議を醸している。

 筆者の取材に対して、軽井沢町は「実は、当初は6月の町議会で補正予算160万円を計上する案がありましたが、購入するのは簡易式防護服に変更、予算も10万円にしました」と回答した。

 この計画は「過剰反応だ」「安全のためなら、このくらいは必要」と軽井沢町を二分する議論に発展したが、「平和を担保するためには、何を行うべきか」という問題に一石を投じたともいえる。渦中の軽井沢町に話を聞いた(回答は消防課と総合政策課から)。

●米軍基地も自衛隊施設もない軽井沢町の危機管理

――まず、防毒マスクや化学防護服の購入を計画した経緯を教えてください。

軽井沢町 5月1日に「北朝鮮のミサイル攻撃に対する日本の平和を守るための最大努力を求める要望書」を藤巻進町長と市村守町議会議長の連名で、安倍晋三首相、岸田文雄外務大臣、稲田朋美防衛大臣にそれぞれ送付いたしました。

 これは、安倍首相が4月13日の参議院外交防衛委員会で「(北朝鮮は)サリンを弾頭につけて着弾させる能力を、すでに保有している可能性がある」と指摘されたことを受けたものです。北朝鮮は、これまでも日本の排他的経済水域にミサイルを落下させています。

 そのなかで、軽井沢町として何ができるかを検討し、防毒マスクや化学防護服の購入計画を要望書のなかに入れました。公開された要望書の内容がマスメディアで報道され、一般の方々にも広く周知されました。藤巻町長は5月1日の町議会全員協議会で「ミサイル攻撃が現実のものとなりつつあるなか、何をしなければいけないか考えた」と説明しました。

 当初の計画では補正予算を組んで160万円を計上する予定でしたが、議会や町民の賛否両論を受けて、簡易式・使い捨て式の防護服が1人当たり約3000円でまかなえるということで、その方向で進んでいます。軽井沢町の職員は30人です。そこで、一般予算から約10万円を計上することで、6月の議会にかけることなく購入する計画に変更しました。

――町民や町議会からは、賛否両論があったのですね。

軽井沢町 ありました。賛成意見としては「やれることはやったほうがいい」という前向きなもので、反対意見としては「そこまでやる必要があるのか」というものです。賛否があって当然だと思います。

 藤巻町長のお考えとしては、「軽井沢町のみならず、日本の平和はこれまでのように担保できない可能性がある」ということで、町民に対して平和のあり方について啓発活動を行い、平和についての議論に一石を投じたものだと、行政の側としては理解しています。

――軽井沢町に米軍や自衛隊の関連施設はありますか。

軽井沢町 ありません。

――米軍や自衛隊の関連施設が存在しないにもかかわらず、北朝鮮からミサイルが飛んでくるというのは現実的ではない、という意見もありますが。

軽井沢町 もちろん、そういう意見もあります。しかし、ミサイルが飛んでこないという保障も、どこにもありません。重ねて申し上げますが、平和や安全は何もしなくても担保できる時代ではないと考えます。要望書のなかには「平和を守るために国際社会との連携が必要」と明記していますが、藤巻町長が平和への努力を続けるため、町として何ができるかを検討した結果、今回の購入計画に至りました。

●なぜ職員分だけ?「町民軽視」は誤解

――なぜ、購入は町職員分のみなのですか。町民を軽視している、という意見もありますが。

軽井沢町 それは、まったくの誤解です。町職員は危機があった場合、町民を危険な場所から安全な場所に誘導する義務があります。そのための防護服なのです。

――ほかに、危機管理としてどのようなことを検討していますか。

軽井沢町 実は、6月9日に長野県危機管理部の方を招いて「国民保護のしくみ」という出前講座を開き、軽井沢町民の方々に受講していただく予定です。主に、弾道ミサイル落下時の行動について説明いただく予定です。

 ミサイルが日本に落下する可能性がある場合は、「Jアラート」(全国瞬時警報システム)を活用して防災行政無線で特別なサイレン音とともにメッセージを流すほか、緊急速報メールなどにより、緊急情報をお知らせします。その際、町民の方々がどのような行動を取るのがベストなのか、長野県から説明があります。

 もうひとつは、群馬県境にある碓氷峠の旧信越線トンネルを有事の際の避難場所として活用することについて、群馬県安中市と協議しました。5月10日に軽井沢町と安中市で第1回協議会を開催し、軽井沢町からは説明を行ったところです。さらに、今後は避難訓練も行う予定です。

――最後におうかがいしますが、藤巻町長のお人柄は。

軽井沢町 明るく温厚な方で、「軽井沢町をよくしていこう」というお考えを持った方だと思います。

――ありがとうございました。
(構成=長井雄一朗/ライター)